プロフィール

コバコバ

Author:コバコバ
 京都在住、日本共産党の若手専従活動家のコバコバです。
メールは→ko-b@goo.jpへお願いします。

ただいまのログイン状態は
   ↓
My status

FC2カウンター

2006/11/8~

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

 FC2は広告スパムのコメント・トラバがものすごく多いので、コメント・トラバはいったん保留する設定にしてますが、なるべく早く承認・表示しますのでご容赦下さい。  なお「日共」は禁止ワード設定してます。  「日本共産党」と正式名称でお書き下さい。


人気ブログランキング参戦中!

9条守ろう!ブロガーズリンクを応援しています

Basic Calendar

<04 | 2017/05 | 06>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2アフィリエイト

FC2ブログジャンキー

京さん党宣言
「日本の夜明けは京都から!」京都在住・日本共産党・若手専従活動家のコバコバが、日本と京都の政治・経済について語る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本共産党の党員が非党員の彼女に日本共産党の魅力を軽く紹介するための10本
元ネタ http://anond.hatelabo.jp/20080721222220
他にも http://b.hatena.ne.jp/t/軽く紹介するための10本

※上記、およびそれをテンプレにした一連のものを知らない方は、あまりマジにとらないでください。


 まあ、どのくらいの数の同志がそういう彼女をゲットできるかは別にして、

 「党員ではまったくないんだが、しかし自分の党活動を肯定的に黙認してくれて、その上で全く知らない政治の世界とはなんなのか、ちょっとだけ好奇心持ってる」ような、日本共産党の党員が抱きがちな都合のいい妄想の中に出てきそうな彼女に、日本共産党のことを紹介するために

 読ませるべき10本を選んでみたいのだけれど。

(要は「脱オタクファッションガイド」の正反対版だな。彼女を日本共産党に入党させるのではなく相互のコミュニケーションの入口として)

 あくまで「入口」なので、時間的に過大な負担を伴うマルクス・レーニン等の古典は避けたい。

 できればソ連崩壊以後の文書、古くても70年代以降にとどめたい。

 あと、いくら日本共産党的に基礎といっても古びを感じすぎるものは避けたい。

 バリバリの活動家が『共産党宣言(カール・マルクス・著)』は外せないと言っても、それはちょっとさすがになあ、と思う。

 そういう感じ。

 彼女の設定は

*日本共産党についての認識は、いわゆる「テレビ報道」的なものを除けば、選挙公報や投函されるビラ程度は見ている

*世間一般的な誤解に基づく反共偏見は少しはあるが、頭はけっこう良い

という条件で。

まずは俺的に。出した順番は実質的には意味がない。

日本共産党綱領(第24回党大会改訂版)
http://www.jcp.or.jp/jcp/Koryo/index.html

 まあ、いきなりここかよとも思うけれど、「日本共産党の基本路線」を濃縮しきっていて、

「党の方針」を決定づけたという点では外せないんだよなあ。長さも音読で30分で読めるし。

 ただ、ここでオタトーク全開にしてしまうと、彼女との関係が崩れるかも。

 この情報過多な基本文書について、どれだけさらりと、嫌味にならず濃すぎず、それでいて必要最小限の情報を彼女に

 伝えられるかということは、党員としての「真のオルグ能力」の試験としてはいいタスクだろうと思う。

あなたと学ぶ日本共産党(JCPムービー)
http://www.jcp.or.jp/movie/news_mov/20080620/index3.html

 アレって典型的な「日共が考える一般人に受け入れられそうな映像(そう日共党員が思い込んでいるだけ。実際は全然受け入れられない)」そのもの

 という意見には半分賛成・半分反対なのだけれど、それを彼女にぶつけて確かめてみるには一番よさそうな素材なんじゃないのかな。

 「日本共産党の一党員としてはこのムービーは“プロパガンダ”としていいと思うんだけど、率直に言ってどう?」って。

核兵器廃絶への道―続宮本顕治80年代論2 (宮本顕治・著)

 ある種の平和運動家が持ってる核兵器廃絶への憧憬と、国際政治の日本共産党的な考証へのこだわりを

 彼女に紹介するという意味ではいいなと思うのと、それに加えていかにもミヤケンらしい

 「日本共産党的なださカッコよさ」を体現する原水爆禁止運動

 「日本共産党的に好みな原則的な立場」を体現する安保破棄国民大運動

 の二つの大衆運動団体をはじめとして、党員になじみの民主団体を各所にちりばめているのが、紹介してみたい理由。

スターリンと大国主義 新装版 (不破哲三・著)

 たぶんこれを見た彼女は「スターリンって、ソ連の共産党だよね」と言ってくれるかもしれないが、そこが狙いといえば狙い。

 この「不破本」の中では珍しい「新書版」の作品がその後続いていないこと、この作品が「不破本」の中では大人気になったこと、

 普通の出版社なら新書版サイズをばんばん出して、それが昔高すぎて買えなかった党員に再評価されてもおかしくはなさそうなのに、

 新日本出版でこういう新書版がつくられないこと、なんかを非党員の彼女と話してみたいかな、という妄想的願望。

日本共産党創立86周年記念講演会(JCPムービー・志位和夫)
http://www.jcp.or.jp/movie/news_mov/20080722/index.html
 「やっぱり日本共産党はワーキング・プアーの味方だよね」という話になったときに、そこで選ぶのは「2月8日、衆院予算委員会質問(ワープア質問)」でもいいのだけれど、そこでこっちを選んだのは、この講演にかける志位委員長の思いが好きだから。

 断腸の思いで削りに削ってそれでも2時間7分、っていう尺が、どうしても俺の心をつかんでしまうのは、その「捨てる」ということへの諦めきれなさがいかにも志位さんらしいなあと思えてしまうから。

 記念講演の長さを俺自身は冗長とは思わないし、もう削れないだろうとは思うけれど、一方でこれが不破さんや市田さんだったらきっちり1時間40分にしてしまうだろうとも思う。

 なのに、各所に頭下げて迷惑かけて2時間7分を作ってしまう、というあたり、どうしても

 「自分の青春を形作ってきた学生時代の党活動が忘れられない30代独身党員」としては、たとえ志位がそういうキャラでなかったとしても、親近感を禁じ得ない。講演自体の高評価と合わせて、そんなことを彼女に話してみたい。

参議院予算委員会での橋本敦議員の質問(1988年3月26日)
http://www.jcp.or.jp/activ/active60-ratimondai/1988-0326.html

 今の若手党員で橋本敦議員を見たことのある人はそんなにいないと思うのだけれど、だから紹介してみたい。

 ソ連崩壊よりも前の段階で、北朝鮮による拉致問題とかテロ行為とかの暴露はこの質問で頂点に達していたとも言えて、

 こういうクオリティの質問がテレビでも取り上げられてない時代に共産党がとりあげていたんだよ、というのは、

 別に俺自身がなんらそこに貢献してなくとも、なんとなく共産党大好き人間としては不思議に誇らしいし、

 いわゆるマスコミ報道でしか共産党を知らない彼女には見せてあげたいなと思う。

「家族・私有財産および国家の起源」入門(不破哲三・著)

 科学的社会主義の「哲学」あるいは「運動論」を党員として教えたい、というお節介焼きから見せる、ということではなくて。

 「終わらない歴史発展の毎日を生きる」的な感覚が党員には共通してあるのかなということを感じていて、

 だからこそ日本共産党の改革論は選挙を通じた民主主義革命以外ではあり得なかったとも思う。

 「毎日が激動した社会で日常を生きる」という党員の感覚が今日さらに強まっているとするなら、その「党員のエネルギー」の

 源はマルクスが唱えた唯物論的歴史観にあったんじゃないか、という、そんな理屈はかけらも口にせずに、

 単純に楽しんでもらえるかどうかを見てみたい。

マンガ蟹工船(小林多喜二・原作)

 これは地雷だよなあ。地雷が火を噴くか否か、そこのスリルを味わってみたいなあ。

 こういうプロレタリア小説風味の党生活をこういうかたちでアニメ化して、それが非党員に受け入れられるか

 気持ち悪さを誘発するか、というのを見てみたい。


日本革命の展望(宮本顕治・著)

9本まではあっさり決まったんだけど10本目は空白でもいいかな、などと思いつつ、便宜的に「ニッカクテン」を選んだ。

コウリョウから始まってニッカクテンで終わるのもそれなりに収まりはいいだろうし、日本共産党第7回党大会以降の民主主義革命方針の先駆けと

なった作品でもあるし、紹介する価値はあるのだろうけど、もっと他にいい作品がありそうな気もする。

というわけで、俺のこういう意図にそって、もっといい10本目はこんなのどうよ、というのがあったら

教えてください。

「駄目だこの増田は。俺がちゃんとしたリストを作ってやる」というのは大歓迎。

こういう試みそのものに関する意見も聞けたら嬉しい。
スポンサーサイト
半年目にして明かす、ブログタイトル変更の本当の理由
 離婚成立に当たり―ある審判官の思いやり溢れた言葉に感激
 こういう話を読むとジーンと涙が出てきてしまう。以下、一部引用

A審判官は、離婚成立に当たり、 私から当事者の方に「お願い」がありますと告げて、以下のお話をされたことです。私は、 上から押し付ける説教口調ではない「お願い」と言う表現に感激しました。

・ 不幸にも離婚に至ってしまいましたが、離婚したことは、何ら恥じることはありません。 いたずらに離婚に至った過去を悔やむより、新たに出発する今後の、将来のことに目を向けて下さい。

・お父さんにお願いです。母親とは離婚して他人になり、親権者が母親になり子供と離れた生活となっても、 父親と子供の親子関係は生涯続きます。父親としての自覚を決して忘れないで下さい。 そのために父親は決められた養育料をキチンと最後まで支払って下さい。時に支払が苦しくなるときがあるかも知れませんが、何とか、 頑張って支払を続けて下さい。

・お母さんにお願いです。養育料に不満を感じることがあるかも知れませんが、子供が病気になったり、或いは進級、 進学等でお金がかかるときは、お父さんに堂々と相談して下さい。またお父さんも相談に乗って下さい。

・最後にお母さんに一番大事なお願いですが、お父さんから養育料を受け取るのですから、決して、 自分一人だけで子供を育てているとは思わないで下さい。子供が物心ついたら、お父さんが養育料をキチンと支払って養育してくれていること、 お父さんはいつも君のことを思っていることを、決して、お父さんに見捨てられてはいないとことを伝え、 子供とお父さんの面会には出来るだけ協力して下さい。


○調停で養育料を取り決めても最後まで支払を継続する例は4分の1以下との統計もあり、 この状況是正に努めるA審判官のpublic servantとしての自覚の強さに大感激で涙がこぼれそうでした。

 ブログを書き始めてもうすぐ2年、初期のころからの読者の皆さんなら、もともとこのブログが 「親バカ党宣言」というタイトルで、FC2ではなくgooブログで書いていたこともご存知かと思う。(もしかして忘れたかな?)
 gooからFC2への引越しの理由はすでに書いたが、ブログタイトル変更の理由については明かしてこなかった。今日はそのことを書く。

 実はコバコバは去年の6月に離婚しています。そうです、×1です

 子供は元妻が引き取りました。親権・監護権ともに元妻にあります。ってことで、 今でも父親の自覚はありますが「親バカ」を名乗る資格はないと考え(当たり前か?)ブログタイトルを変更したというわけです。

 離婚の理由については、いわゆる「性格の不一致」で、 不貞や暴力などの夫婦いずれかが原因となる理由ではありません。
 その証拠に、いわゆる協議離婚で互いに慰謝料・財産分与は一切請求しない条件で離婚が成立しました。 (財産らしい財産はまったく無かったわけだけど、、、orz)

 昨年3月頭に別居を開始して、離婚成立まで3ヵ月。 たぶん平均的な離婚よりそうとう短期決着だったと思う。それでも、話し合いは噂に聞いた以上の泥沼で、ものすごいエネルギーを使いました。
 養育費なんか要らないから、とにかく「僕と会いたくない・(子供と)会わせたくない」と、代理人の弁護士を通じて主張し続ける彼女に、 いっそ、審判離婚に持ち込もうかとも頭をよぎったけど、とにかく「子供の福祉のため」とギリギリの妥協を積みかさねて、 今は毎月の養育費を振り込みながら、子供との3ヵ月に1回の面接交渉を認めてもらっている状態。

 でもって、今日がその面接交渉日で、上記の記事を昨夜読んだ直後だったってわけ。

 3ヵ月に1回でしかも1回につき30分の約束。
 約束の時間に少し遅れて約束の場所にやってきた元妻は、今現在どんな仕事をしているかとか、 どういう風に子供の面倒を見ているのかについて一切情報をくれていない。
 それでも、おそらくどこか工場などの現業の仕事をしているのだろうなぁと容易に想像がつく身なりで現れた彼女は、 出会ったころの服装もバッチリ決めて「オシャレ好き・遊び好きだった女の子」のイメージは一切消えうせていた。
 一人の子供を守るために命を削って生活している「母親」の姿がそこにはあった。(チョッとした化粧ぐらいはしてたよ。念のため)

 元妻から開口一番「昨日、この子風邪ひいて、 今も熱があるから出来れば時間を短くしてもらえないか?」とお願いされ「そういうことなら、 無理に連れ出さなくても来週でよかったじゃないか・・・」と言いたかったのをグッとこらえて「そりゃ仕方ない、 僕は一目見れればそれで良いよ」とだけ返事して、次の面接交渉にを2ヵ月後にしようとした彼女に3ヵ月後で構わないと言って、 彼女がコーヒーを飲み終えた15分後にはお別れをした。
 息子は熱があるといった割にはよく動き、よくしゃべった。今1歳9ヶ月、この年齢の3ヵ月の変化は想像をはるかに超えてくる。
 鼻水がズルズル出てたから間違いなく風邪を引いてたんだと思う。彼女がもう少し僕を信頼して、 1週間後に予定をずらしても揉める事は無いだろうと思ってくれれば、無理やり連れてこられることも無かったかと思うと、 未だに信頼してもらえてない自分の不甲斐なさに、つくづく申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

 離婚成立までは「そんな小さい子供となんか会ってどうするねん?」 っていうアドバイスをする先輩もいた。
 その先輩のことは尊敬していて、どんな頼み事でも(どんな任務でも?)たいがい言うことを聞いてきたけど、これだけは同意しなかった。―― ―なぜか。

 僕は子供との面接交渉権って、 父親の権利ということだけじゃなくって子供にとっての権利でもあると思うんです。そりゃ、今は1歳9ヶ月で、 3ヵ月に1回会うだけの僕のことを父親だとはわからないと思う。でも、いずれ大きくなったときに「自分は父親に見捨てられたんじゃない」 ってことを認識してるだけでも、 母子家庭っていうこの日本で生きていくにはあまりに厳しい生活環境を乗り越えていくほんのチョッとの支えぐらいになるんじゃないかって、、、 自分勝手な思いこみですかネ?
 (もちろん養育費も大事な支えだけど、満足のいく額なんて渡せませんし、、、orz)

 ってことで、半年たってやっと自分の中で色んな物事のふんぎりがついたので、 このブログにも報告する気持ちになりました。(新しい恋とかはまだ無理かも知れんけどw)

 まったくの個人的な出来事を綴った雑文に最後まで付き合ってくれた読者の皆様には心から感謝です。m(_ _)m

<追記>
 「何で、そんなことわざわざインターネットで全世界にむけて報告するの?」って思う人もいるかもしれませんネ?
 実は職場の人とかには、世間話のときとか聞かれれば隠すことなくしゃべってたつもりだったんですけど、 結婚のときと違ってこういう噂って広がるのが遅いんですよネ~(汗) 半年経ったのにいまだに「お子さんは元気?」とか、 もっとひどいのになると「結婚したんだってぇ?」って聞いてくる同志もいたりして、、、orz
 ってことで、いっそのこと僕がしゃべる前に知ってもらってた方が話が早いゾってことで、ここに書くことにしましたw

 いろんな意味で、応援よろしく⇒


成宮まり子さん勝手に応援企画・第4弾

 企画第弾はmixi
 企画第弾はYOUTUBE
 
企画第弾はブログ
 
 と来たので、web2.0について多少なりとも知識のある方は、第4弾に何がきそうかある程度予測できちゃったんではないかなあと、 心配しつつ今日もweb2.0的に、成宮まり子さんを勝手に応援しちゃいます。

 ということで企画弾、 SBM(ソーシャルブックマーク)を使って成宮まり子を勝手に応援しちゃおう!

 みなさんは、ソーシャル・ブックマークという言葉を聞いたことがあるだろうか?
 自分が気に入ったサイトやサイトの中のエントリーを、IEの「お気に入りに追加」のような感覚で、ブックマークするんだけど、 そのブックマークをネット上で誰もがみれるような状態にしておくサービスを「ソーシャルブックマーク」と言うんですが、 これがなかなかスゴイ。(うーん、わかりにくいかな?)

 多数のブックマークが公開されることで、例えば「このサイトをブックマークした人が何人います」 という情報がみんなで共有される→人気を集めたサイトやブログの記事がどれだったかという情報がみんなで共有される、っていうわけなんだな。 要するに、ネット上の人気投票みたいなもの。
 これをweb2.0用語で「集合知の利用」とか「みんなの意見は案外正しいの法則」とか呼んだりする。

 SBMサービスで最大規模のはてなブックマークでは、 24時間以内にブックマークを一番たくさん集めた記事が一覧表示されていて、そこには玉石混淆のネット上から「玉」 のようなエントリーだけがすくい上げられたようなリストが並ぶ。
 このリストだけを毎日チェックする人も多くて、人気エントリーに登場すれば訪問者数も跳ね上がったりするわけです。

 ただし、組織票で特定のブログやエントリーを人気エントリーに祭り上げるのは「SBAスパム」 と呼ばれて嫌われるだけだし、僕もそんなことを呼びかけるつもりはない。
 このコバコバのブログを読んで「そんな人気投票があるなんて知らなかった。自分も参加しようかな」と思う人が少しでも増えてくれれば、 成宮ブログに限らず、しんぶん赤旗の記事とか京都民報の記事なんかで、注目すべき記事の情報を共有できていくんじゃないかと思うわけです。
 ブクマコメントで、コメ欄のない新聞記事にコメントが出来るっていうのも楽しいしネ。
 (しかし、しんぶん赤旗記事をブクマする人は結構いるんだけど、 京都民報にいたってはほとんどいないのはどういうことやねんwww)

 ってことでコバコバは「この記事面白いな」とか思ったら、なるべくブックマークしてさらにブックマークコメントを書くようにしてるんですけど、 成宮まり子ブログもこれからは重点的にブクマしていくんで、みんなも面白いなと思ったら応援ヨロシクw

 ちなみに、このエントリーの下のこのエントリーを含むはてなブックマークマークは、 クリックするだけで僕のエントリーをはてなブックマークできちゃう便利マークです。 良かったらブクマしてみてねwww

 ついでにコバコバにも応援ヨロシク! ⇒


成宮まり子さん勝手に応援企画・第3弾

企画の、   mixiで成宮まり子を勝手に応援しちゃおう!』は、現在参加者22名と地味~に進行中。
 成宮まり子コミュの参加者の伸びはイマイチだが、その代わり候補者応援の姉妹コミュが、、、

  1. やまね智史を応援する会
  2. とがし豊と一緒に京都をかえる!
  3. 山下よしき待望論
  4. 村田義則★頑張れ!!! (元世田谷区議)

 などと、続々と誕生してたwww
 みんな僕のブログを読んで刺激されたんだよね?などとうぬぼれつつ、実は・・・
 皆川朋枝コミュの方が10日ほど創られるのが早かったんだよねwww
 ってことで、コバコバの「勝手に応援企画」もじつは皆川朋枝コミュの誕生にインスパイアをうけたぶっちゃけマネっぴだったということをここに白状します、ハイ。

 それから、企画
 YOUTUBE成宮まり子を勝手に応援しちゃおう!

 こっちの方はと言うと、これまた地味~に進行中で、ビデオを見た人が11月12日現在で「412回」になっていた。
 これまた、僕のブログに刺激を受けて、兵庫選挙区の堀内照文さんとか、 大阪市議の北山良三さんとかが、 ビデオをYOUTUBEにアップしていたなどの副作用?が発生。
  国会議員で積極的に活用しているこくた恵二さんとか、国政候補者の春名なおあきさんみたいな例もあることですし、 こういう動きがどんどん広がってきたら、面白いと思う。
 「ビデオカメラが無い」ですって?はっきり言ってYOUTUBEの動画なんて、デジカメの動画機能で充分!ほら、みなさん、 デジカメ持っていてほとんど使ったことの無いボタンがあるでしょ!あれですよあれ!(と、煽ってみるテストwww)

 ってことで、応援企画

 ブログを使って成宮まり子を勝手に応援しちゃおう!

 このブログってのは、成宮まり子さんのブログって意味でもあるし、自分のブログって意味でもある。
 要するに、成宮まり子さんのブログがイマイチ盛り上がって無いって言うか、読者が少なそうだなぁって言うか・・・
 とにかく、コメントトラックバックの数が毎回ゼロ更新で少なすぎるなあって思うんですよ。

 成宮ブログの担当者に、こっそり聞いたPV数やIP数はコバコバのブログと大差が無いから、読まれてはいるんだろうけど・・・
 文書は上手で、とくに芸術関係についてうん蓄を書いているのを見ると 「なるほど、僕の知らない世界の話だけど、すげーわかりやすい」と感心するし、三歳の娘さんについて書いたエッセーシリーズ 「リリ子日記」 とか最高にキュートだと思う。

 しかし何でコメントが少ないのかと思ってよくよく自分がコメントを書くときのことを考えてみると

  1. 記事が高尚過ぎて、突っ込みどころが少ない
  2. 最初にコメントを書く人がいない
  3. コメントを書いても、そのコメントへの反応が無い

 1については、毎回読んでいくうちに割とそうでも無いんじゃないかと思えるようになると思います(しかし、成宮さんにも、 もっと肩の力を抜いて文書を書いたら良いのに、、、ともアドバイス。このブログを読んでくれますようにwww)
 2、3については、、、「自分が率先して書き込めば良いじゃん!」「他の人のコメントへの感想でも気軽に書くのもありじゃないかぁ?」

 ってことで、さっそく成宮ブログにコメント・ カキコ&この記事のトラバをしてみま~すwww

 ついでにコバコバにも応援ヨロシク! ⇒


ブログ引っ越しのお知らせ

突然ですが、 「京さん党宣言」
gooブログからFC2ブログに引っ越しました。

新しいブログのURLは
http://koba3.blog81.fc2.com/

です。

今後ともヨロシクお願いします。
お手数ですが、ブックマークなどの変更をして頂けるとうれしいです。
順次過去のエントリーもFC2ブログに移動させますが、コメント欄などの書き込みは移動できないので、 gooブログは過去ログの倉庫として残します。



ブログ内検索

 
Web koba3.blog81.fc2.com

RSSフィード

おすすめ商品!





コバコバお薦めの本


ダ・ヴィンチ・コード
キリスト教についてのウンチクがタップリ。

私の戦後六〇年 日本共産党議長の証言
平易で読みやすい、党外の人に読んでほしい。

県庁の星
映画化決定!
公務員攻撃に負けるな!
「生協の白石さん」
生協の白石さん
話題のブログ本、白石さんの誠実な回答姿勢がグッドです。
「約束」
「約束」
石田衣良の「泣かせる」短編集。ひたすら泣けます!僕は1行目を読んだだけでストーリーを思い出して泣けてしまいます。


電車男
電車男
いわずと知れた、超有名ラブストーリー。ドラマ始まりましたね、主役の伊藤淳史君が最高!


アキハバラ@DEEP
アキハバラ@DEEP
石田衣良さんが「IT革命」を書いたら、こんなにステキな人間ドラマになっちゃいました。



偽造証券
偽造証券
サスペンス仕立てな経済小説で、ストーリーも飽きさせず、経済の勉強にもなる。そして、お金ではなく人間が描かれているのが良い。


党綱領の理論上の突破点について
党綱領の理論上の突破点について
不破議長の著作は、これからどんどん紹介しますよ!

いまこの世界をどう見るか―アジア・アフリカ・ラテンアメリカ
いまこの世界をどう見るか―アジア・アフリカ・ラテンアメリカ
 4月9日におこなった表題の講演が、さっそく本になりました。読めば元気になる一冊です。


『資本論』全三部を読む〈第1冊〉代々木『資本論』ゼミナール・講義集
『資本論』全三部を読む〈第1冊〉代々木『資本論』ゼミナール・講義集
この本は7冊セットです。僕もまだ読み途中です(^-^;)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スカイプID kobakoba3

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。