プロフィール

コバコバ

Author:コバコバ
 京都在住、日本共産党の若手専従活動家のコバコバです。
メールは→ko-b@goo.jpへお願いします。

ただいまのログイン状態は
   ↓
My status

FC2カウンター

2006/11/8~

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

 FC2は広告スパムのコメント・トラバがものすごく多いので、コメント・トラバはいったん保留する設定にしてますが、なるべく早く承認・表示しますのでご容赦下さい。  なお「日共」は禁止ワード設定してます。  「日本共産党」と正式名称でお書き下さい。


人気ブログランキング参戦中!

9条守ろう!ブロガーズリンクを応援しています

Basic Calendar

<01 | 2017/02 | 03>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2アフィリエイト

FC2ブログジャンキー

京さん党宣言
「日本の夜明けは京都から!」京都在住・日本共産党・若手専従活動家のコバコバが、日本と京都の政治・経済について語る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地域振興券」の愚挙、再び!?
定額減税、給付金方式へ変更 政府・与党、大筋合意
http://www.asahi.com/politics/update/1029/TKY200810280431.html

 これはひどい!
 あの評判の悪かった地域振興券を彷彿とさせる。
 しかも規模は当時の約3倍!
 選挙対策以外の何物でもない。

 これだけ、消費マインドが冷え切っているのに、現金だろうが金券だろうが、バラまけばバラまいた分だけ預金が増えてハイおしまい! 消費なんて一切増えない、、、ってことになるだけってのが目に見えている。
 ようするに、政府の借金が増えて、その分と同額だけ民間銀行の預金残高が増えるだけ。
 そして民間銀行はその増えた預金を、貸し出しには回さずに、そっくりそのまま赤字国債を買うことになるでしょう。

 まあ、実にわかりやすい「選挙対策」ですが、さすがに多くの国民も今回はだまされないと思います。

 これは、景気対策としては「ムダな公共事業」よりもさらにたちが悪い。
 ムダな公共事業でも、一旦は政府が支出した分だけ消費にまわるわけですからね・・・

 自民公明政権は、過去の失敗になーーーんにも学んでいないようです。

 おなじ2兆円を使うなら、消費税の減税に当てた方がよっぽど良い。
 なんせ、消費税の減税の恩恵は「消費をしなければ恩恵を受けられない」わけで、減税した分必ず消費が拡大する・・・なんていうことを書くと、いかにも日本共産党員としての模範解答みたいでおもしろくない。

 ということで、せっかくだから2兆円あったら、どんな経済対策をうてるか妄想してみるwwwことにする。




 例えば、同じ金券をバラまくんなら、譲渡・再販売可能な「期限付き海外旅行券」をバラまくってのはどうだろう?

 まず海外に行けない庶民は金券ショップで現金に換えると思われる。
 こういう臨時収入は、消費にまわりやすい。なんせ換金したその目の前には庶民の大好物「お得な買い物券」がズラリ並んでいる。

 そして、海外旅行に行けるお金持ちからは、タンス預金を吐き出させる効果がある。
 海外旅行ともなれば、旅行券で支払える旅行会社への支払い以外にもいろいろ出費をせねばならないしね。

 そして、このことはさらに円安に誘導する「為替介入」という効果も期待できる。
 海外旅行券を金券ショップで割安でゲットした「お金持ち」は、発行した海外旅行券額面の数倍・下手すりゃ10倍は円を海外通貨に換えてくれることが期待できる。

 日銀の為替介入なんて1兆円使ったら1兆円分の外貨しか買い支えられない。しかし、1兆円の旅行券が10兆円分の外貨買い支え効果を生むなら、そのほうがずっと安上がりだし、実態消費をともなう分だけ、通貨価値の値動きとしても健全な値動きが期待できる。
 なんだったら、2兆円の原資に「外為特別会計=いわゆる埋蔵金」をあてれば、赤字国債に頼る必要がなくなるではありませんか♪

 「円安が進みすぎたらどうするんだ!?」って?そんなときこそ、待ってましたとばかりに、日本政府が保有するアメリカ国債を売って、日本円を「ちょうど良いレベル」に安定するように買い支えてあげれば良い。考えようによっては、現状では塩漬け状態になっている日本政府の保有する対米債権(1兆ドルぐらいかな?)を減らす大チャンスじゃありませんか!!!

 さらに、円安に振れると期待したヘッジファンドが、日本円の空売り攻勢を仕掛けたりしてたら、もう大チャンス!
 うまくいけば、ハゲタカファンドどもをバタバタとなぎ倒して、外為特会から支出した埋蔵金分をきっちり取り返せるかもwww

 企業のサラリーマンが海外出張する時にも使える。
 飛行機会社には、旅行券を使っても現金と同じように領収書を発行するよう指導する。
 会社にも家族にも内緒で、海外旅行券を金券ショップで買った割引金額との差額を「お小遣い」としてポケットに入れることが出来る。このようなお金は「預金に回すなんてとんでもない!嫁さんにばれる前にパーッと使っちゃえ!」って意識が必ず働くはずwww

 ってな事を妄想してたら、我ながら良い対策のように思えてきた。

 もちろん「金持ちが旅行に行けて良い思いをするだけちゃうん?」って反発もあると思う。
 でも、結果的には金持ちから貧乏人への所得の移転が進むわけで、それを金持ちにも気分良く受け入れてもらうことができる対策として、悪くないと思うのですよw
 反発が大きそうなら、高額所得者向け増税も同時実施させてもらったりすれば1石2鳥www




 さぁ与党の皆さん!このアイデア、どうぞ盗んでもらって結構ですよwww



 え?もし来年実施されたらその旅行券、コバコバならどう使うって?
 ・・・新婚旅行にでも使わせてもらいますかねエ? ( ̄ー ̄)ニヤリッ
スポンサーサイト

テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済

京都市長選挙を終えて・・・

 951票差という悔しい敗北を喫した京都市長選挙が終わり、ボチボチと放置気味だったこっちのブログも再開させようと思っている今日この頃。

 まずは、選挙の最中に聞いたちょっと考えさせられる話。

 今回の選挙では「教育格差」の問題が、後半戦で大きな争点に浮上した。
 オール与党・大連立陣営に担がれた候補者は、前教育長の肩書きで、教育に強い候補ということを売りにしようとしていたわけだ。
 ところが、この京都の教育行政、実はとんでもなく保護者の評判が悪かったわけなんだなw

 特に話題を集めたのは「教育格差」の問題。
 学校整備費が前教育長の下で2割もカットされる一方で、小学校の統廃合を契機に新築した学校には特別に豪華な校舎、豪華な設備、教員の過配、という措置が行われ、わざわざその小学校に入学させるために住民票を移す保護者が続出するなどの人気ぶり。

 特にわかり易い格差は「給食の食器」で、京都の小学校では9割の学校がいまだに昔懐かしい「アルマイト」の食器を使っているのに、新しい小学校では強化磁器の食器を使っていて、食器の裏側にはご丁寧に学校の校章が刻印されているというのだ。

 「アルマイト」の食器の特徴は、熱い汁物をよそうと、熱がすぐに食器に伝わって、例えば「うどんなんか熱くて素手で持てない」ということと「スープなんかすぐに冷めて不味くなる」しまうということ。
 さらに、酸に弱くてアルミの金属成分が食べ物に染み出してくることや、熱くて手で持てないために子供が「犬食い」になりやすく、子供の姿勢を悪くするとして、先割れスプーンと共に10数年前から全国で問題視されて使用中止が相次ぎ、いまや全国で1割に満たない学校でしか採用されていない代物だ。
 それが京都では9割も残っていて、しかも、一部の学校の統廃合に協力してくれた保護者達へのご褒美と言わんばかりの差別的な教育格差の象徴となっていたのだ。

 そんな話を演説会で訴える中村候補の話を聞いた後、あるお母さんがドイツで生活をしていたときの話をしてくれた。

 Hさん「アルミの皿は軽くて割れないし、調理する人には楽なんでしょうね、子供よりも調理員さんを大事にするのって、学校の主人公は子供達なのにおかしいですよね、、、」
 コバコバ 「そうですね、実は、同和団体からの先行採用をしていた名残で、調理員から文句を言われるのを嫌っているってのもあったりするんですよ。あまり表立って言える話じゃないですけどね」

 Hさん「私ドイツにいたとき、子供の小学校の給食の食器が陶器のお皿だったんです。一度、子供がそのお皿を割ってしまって、私お金を持って子供と一緒に学校に謝りに行ったんです」
 コバコバ「うんうん」
 Hさん「そしたら、学校の先生は『そのお金は受け取るわけにはいきません。それから、貴女のお子さんは今日たくさんのことを学びましたそのことを誉めてあげてください』って言われたんです」
 コバコバ「それはどういう意味で?」

 Hさん「先生はこう言ったんです『あなたのお子さんが今日学んだこと、1つ目、お皿は落としたら割れるということ。2つ目、お皿が割れたら、周りの友達が助けてくれるということ。3つ目、割れたお皿の破片は危険だと言う事。4つ目、大事にしていたものが壊れると言うことは涙が出るぐらい悲しいということ。これだけたくさんのことを学んだあなたのお子さんを、お母さん、貴女は誉めてあげてください。そうすれば学んだことを忘れなくなって身につけることができます』って言うんです。ドイツの教育がどれだけ子供中心化ということを身をもって感じました」
 コバコバ「なるほど。さすがにヨーロッパは進んでますねぇ」

 なんて話をしながら、(皿の話だけに)さらに、割れた食器を買いなおせば、陶器の職人さんの仕事づくりにもつながるだろうし、ドイツなんかはそういう伝統産業の振興という側面もあって陶器の食器を使ってるんじゃなかろうか?などと勝手に想像して、そこからさらに進んで、清水焼なんかがある京都の小学校でこそ、そういう施策を取り入れて行くべきじゃないだろうか?なんてことも思いついた。
 まぁ、小学校の給食食器に清水焼って言うのはあまりに贅沢っていう感想をもたれちゃうかもしれないけどネ(笑)

 ってことで、この「アルミの食器」問題、選挙が終ってとある市会議員さんに話を聞いたら「今度の選挙で散々ネタにさせてもらったので、おそらく4年以内に全部の学校で強化磁器の食器に置き換わることは確実だろう」とのことだった。
 なんせ、8年前の選挙では「小学校のトイレにトイレットペーパーが無い!」ってことを大宣伝したら、投票日1週間前に全小学校のトイレにトイレットペーパーが設置されたという実績がある。我々のことを「揚げ足取り」と言いつつ、選挙の争点にされるのを極端に嫌うのが京都の教育行政の特徴なのだw

 こんなふうに、たとえ負けても、公約の一部を実現させてしまうのが選挙という審判を経ることの意義だと思う。

 もう一つ、負けたけれども公約の一部を実現させた実例。

 昨日開かれた、京都市国保の運営協議会で、国保料を値下げするという方向性が考え方として示されたという。
 国民健康保険料1世帯1万円値下げは、中村和雄候補の目玉公約の一つだ。
 額はともかく、値上げ続きだった京都市の国保料を値下げの方向に舵を切らせたのだ。 これも選挙を経て京都市民の審判が下ったことを受けての変化だろう。

 小さなことかもしれないが「国民が政治を動かす、新しい政治の流れ」を感じる。

 コバコバも、来るべき総選挙、2年後の府知事選挙、そして4年後のリベンジ目指して「悔しい!」の言葉はしばらく封印することにしますか!

 (まぁ、たまに思い出して悔しがるのは許してくださいwww)


ジェットコースターは「乗り物?」それとも「建物?」
*お久しぶりです。最近書きたいことがたまってきたので、またボチボチ更新を再開します

 こういうのを本当の「立法不作為」って言うんだと思うんだな。

ジェットコースター脱線死傷事故  悲鳴聞こえ…足震えた


今月5日にエキスポランドでおきた死亡事故、すでに多くの情報が氾濫しているので、あえて事故そのものについて詳述はしない。
 だって、「商業マスコミ」も「しんぶん赤旗」でさえも、カバーしない新情報を提供するのがコバコバの流儀だからネ♪

 さて、タイトルの質問、皆さん答えられますか?

 答えは、法律的には運送関係の諸法律では無く、「建築基準法」の縛りをうけるので「建物」が正解。

 ジャンボジェットが墜落したとか、JRの車両が脱線したとかになると必ず名前が出てくるのが「航空鉄道事故調査委員会」いわゆる「事故調」。
 第三者による検証は、その後事故を繰返さないために必要な様々な教訓を、起きてしまった事故からえぐり出してくれる。
 そして、事故を発生させた事業者の責任を厳しく追及してくれる。
 さらに、なんと言っても、事故調査委員会の後ろ盾は「国家」だということ。

 ひるがえって今回のコースター脱線事故、いわゆる「事故調」が立ち上がることはありえない。

 なぜか?

 だって、ジェットコースターは「乗り物」では無く「建築物」。
 その安全性を監督するのは、「特定行政庁」と呼ばれる地方自治体で、根拠法は「建築基準法」なのだ。
 今回のエキスポランドで言えば、建築主事資格を持った担当職員がたった二人しか在籍していない吹田市役所が監督官庁ということになる。
 ちなみに、国土交通省では住宅局が担当する。

 「なるほど!吹田市役所が責任者かぁ!」「吹田市役所は責任をとれ-!!!!!」って叫んだって、それは土台無理な話。
 吹田市役所にはジェットコースターのような特殊な「建築物」を監督する能力も無ければ、法的な限界も多い。「許可」制度と「確認」制度の違いと言えばわかっていただけるかしら?
 ようするに、エキスポランドが提出してきた書類に目をつむって判子を押すのが関の山というのが実態なのだ。
 (ひょっとしたら義務付けられているのは書類「提出」だけで役所の判子は必要なかったかもしれない・・・)

 今回の事態をうけて、吹田市役所がエキスポランドに対しいち早く業務停止の指示(あくまで命令ではない)と、29からある遊具の総点検を指示(しつこいようですが命令ではない)をしたのは、今ある法律の範囲でできるだけの仕事をしていると、評価してもいいと思う「吹田市役所GJ!」って言うと褒めすぎやけどね(><

 それにしても、去年起きたエレベーター死亡事故と言い、今回のジェットコースターの事故と言い、法律の整備が不十分であったために死亡に結びついた事故が多いことが最近目に付く。

 はてさて、来週あたりからこの問題について新しい立法も含めて対応を迫られることになるんだろうけど、建築基準法の枠内だったら「既存不適格の問題」もあるし、どうしはるのかなぁ?という感じ。
 ぼくの個人的な意見は、遊園地の遊具や超高層マンションのエレベーターは、建築基準法とは別立ての法律で-イメージとしては、自動車の車検制度や運転免許制度のような制度-「乗り物」扱いをしてあげるのが良いんじゃないかなぁ?と思う。

 それにしても、人が一人死んでからというのはなんとも遅すぎる。こういうのこそ立法不作為として問題にすべきだと思いますよ。
 国民投票法が無くて死亡事故につながることは無いんだからね!

 応援よろしく⇒


良い意味で「子は鎹(かすがい)」となる社会

 矢口まさあき候補から、たいへん心のこもったコメントが寄せられたので、 コメント欄ではなくエントリーを立てて感謝と私見を述べたい。 

 コバコバ!涙がでたぜ!人生、熱く生きようぜ!
 子どもさんが大きくたったときに、親父の生き方をともに、背中でみせようぜ!(ふるですか?この考え(ヽ(;´Д`)ノ
 
 ところで。一人親への支援策を、政策に盛り込もうと考えています。コバコバの目からみて、何からはじめるべきか、何を優先すべきか、 ご意見をぜひお聞かせください。
 って、まず、僕の素案を示さないといけませんね。
 早急に形にしますんで!

 ぶっちゃけ、子供のことがなければ離婚に関してあれ程モメルこともなかったかと思います。 今は元妻には申し訳ない気持ちでいっぱいなわけですが、女性が一人で子供を育てていくのが今の日本でどれほど大変なことなのか、、、 今頃は相当苦労していることと思う。

 しかし『婚姻は両性の合意にのみ基づ(日本国憲法24条)』くべきであって、 経済的に困窮するのがイヤなのでガマンして婚姻を継続している状態というのはやはり不健全だと思うし、「子は鎹(かすがい)」 とは言いますが、今は悪い意味で「鎹(かすがい)」になっている現状です。 シングル・マザーの支援は政治の勤めとして重要です。

 で、僕の夫婦生活をふりかえって、夫婦喧嘩の主な原因ってなんだったかっていうと「思いやりが無い」とか「結婚前と性格が変わった」 とか、表面的な問題しか彼女は口にしなかったわけだけど、根っこには僕の仕事の仕方に原因があったんだろうなぁと思うわけですよ。

 家事とかホントに出来てませんでしたから、、、orz

 そりゃ、もともと僕が家事とか苦手だったってのもあるし、 彼女が妊娠を機に勝手に仕事を辞めて「女を働かせんでも働いて食わせるのが男ってもんやろうが!」等という、 結婚前には一切口に出さなかった(僕にとっては)驚きの家族観の持ち主だったのもあって「そういうことなら家のこととか一切任す」 ってことでバリバリ仕事してたわけですよ。
 まぁ、僕の給料で大人二人と乳児一人を食わせていけるはずもなく、ずいぶん倹約しまくってたみたい。(もちろん僕も相当ガマンしましたよ! )まぁ、なるべく早く子供を預けて、いつかは働いてくれるかと思ってたんだけどそうはならず、どうにもギクシャクした関係になっちゃって、、 、子育てにも一切関わらせてもらえなくなり、貯金が底をついた時点で「ハイさようなら」となった次第です、、、orz

 つまり、『子』が『鎹(かすがい)』として機能してたのは、 僕に貯金があった時点までで、養育費さえ取れれば夫としての存在価値は無いとみなされたという訳。
 事前によくよく話し合って、「家族観」や「子育て観」についても、家計の問題も、家事の分担も、相手の言い分をよくよく聞いて、 お互いがこちらの考えを押し付けようとしないでやれば、僕のケースでも乗り越えられたとは思いたいんだけど、 やっぱり僕が育児に参加する時間や、それを保証した上で経済的にもゆとりのある生活が出来てたら、 彼女の要求のかなりの部分は応えられていたと思うし、離婚を避けられた可能性も高いと思うんです。

 と言うわけで、経済的には「例えあなたと別れても、困窮することは無いだけの自信はあるのよ!」 という状態の社会が実現していたとしても「それでも、この人はこれだけ育児にも協力してくれているし、、、 子供にとっては母親だけじゃなくて父親も必要だよなぁ、、、結婚前と違って夫に恋する気持ちはとっくに冷めちゃったけど、子供のためだ、 離婚しないであげよう♪」と思えるぐらい、夫が子育てに協力できる「環境」「働き方」を実現する事がまずは大前提だと思うんですよ。
 つまり、良い意味で「子は鎹(かすがい)」となる社会ですね。

 そういう視点が無くて「シングル・マザーは生活が大変なんです!」 って事だけ強調して訴えると、僕みたいに親権も取れずに離婚させられた「シングル・アゲイン」な男にとっては「うるせー!お前がガマンできずにかってに離婚したんだろうが!自己責任なんだよ!」っていう、 マッタク筋違いで感情的ではあるんだけど、本人の気持ちを考えるとそうも言っていられない反発を招いてしまうと思うんです。 (僕がそんな風に考えているということでは無いです、念のため)

 ちなみに、親権を取れずに離婚させられた夫にとってもこの社会はズイブン冷たいもんでして。

  • 面接交渉権は親権者(=元妻)の自由裁量。→第3者による仲介も、たいがい「子の福祉」の一言で片付けられてお終い。 「子供が父親に会う権利」なんてものは存在しない。
  • 養育費を払うことによるインセンティブは一切なし(所得から控除することすら認められていない!)。 →金は面接交渉と引き換えという考え方が蔓延。だから子供に会う意欲がなくなった時点で平気で打ち切り、 支払い続けるのは実に2割という統計も。
  • 「共同親権」という考え方が存在しないから、 父親の自覚を持ち続けるのが難しい→進学費用など必要な増額について相談されても金だけ要求されてるように感じる。(って言うか、 そもそも子供のことで相談とかしてもらえないし)

 まぁ、シングル・マザーの皆さんから見たら、何を甘いこと言ってんのよ!って感じかもしれませんがね(><

 ってことで、矢口さんには是非、シングルになる前の段階の若い夫婦が、結婚し続けることのメリット(離婚によるデメリットではなく) を感じられるような社会の実現という観点を盛り込んで政策を練り上げていただきたいと思った次第です。

 あと、不幸なことに子育てに必死で「あたしには『次の恋』とか絶対無理!」っていう女性が多すぎますから、 シングル→再婚を支援するような政策も素敵ですよねw
 例えば、、、子供預けて新しい彼氏とデートできたりする仕組みとか、
          母が再婚しても子供が元の父親と気兼ねなく会える仕組みとか、
           それが『子の福祉』にどういう影響があるかを判定できる第3者機関(っていうか、カウンセラー)とか
 まあ、この辺はイロイロご意見のある方も多いと思いますが。(特に、シングルマザーの皆さん)

 シングル・マザーの問題は「結婚観」とか「男女観」、「生き方」に関わるデリケートな問題だし、 シングルになった経過も人それぞれで、万人受けする政策ってホント難しいと思うけど、自分が(幸か不幸か) 離婚をしてイロイロと学んだり感じたりした経験を生かして、このテーマについてもチョクチョク書いていこうかなと思う。

#あえて「一人親」とは書きませんでした。知らない方のために一言書いておくと、 子供が小さいうちは親権争いは圧倒的に母親有利ですからね!たとえ妻の浮気が原因でも、マッタク関係ありません。それが現実。

 って言うか、今回はコメント欄が荒れる予感w、応援よろしく⇒


【どこが再チャレンジ】ヤングジョブスポットが3月末で閉鎖!【安倍内閣の正体見たり】

 全国紙で取上げているところは無し。現時点でこの1紙のみ確認した

ジョブスポット廃止へ 神戸など3月末 厚労省(神戸新聞1月11日)

 そもそもヤング・ ジョブスポットってのが何なのかよく分からない人のために説明をすると、二〇〇三年から厚生労働省所管の独立行政法人「雇用・ 能力開発機構」が設置・運営する若者就労支援のための組織で、働きたいとは思っているが、職種などが絞れない若者を対象に、職業意識の啓発、 就職に関する悩み相談などを行ってきた。
 全国に14ヵ所設置されていて、京都でも京都市の施設であるウィングス京都内にある。

 正規雇用を中心とした職業斡旋を目的にしたヤング・ハローワーク等とは一線を画して、若者の職業意識の啓発など、 職探しの前段階でのサポートを目的に設置されたものなので、直接雇用には結びつかないという不十分点があったのは事実で、 そういう点は4年前の選挙のときに「若者応援の政策を実現しました!実現力の○○党です!」なんて宣伝をしまくっていたのを、 わが党としては「そんな不十分な政策じゃだめだ!」と批判をしてきた経過がある。

 そもそも、ヤングジョブスポットのような、直接雇用に結びつかない「啓発・相談」事業が設置されたのは
「若者の就職難の原因は、若い人たちの職業意識が低いからだ」
「求人があるのに、若い人たちが働きたがらないのが原因だ」
 などといいながら、就職難の問題を「雇用者」ではなく「働く青年」に原因があるとする、 当時の小泉内閣の青年雇用問題に対する認識が背景にあったわけなんだな。
 でもって、その「青年の就労意識不足」論に基づいて、 雇用能力開発機構を通じて実行した政策の一つがこのヤングジョブスポットだったって言うわけ。ちなみにこの「職業意識不足論」にもとづく、 若者支援事業の中で、最もお金をつぎ込んだのが、京都府南部に建設された「わたしの仕事館」建設だ。 約500億ほどかかったっていうこのバカげたハコ物事業。はっきり言って「そんな金があるなら、 実際に正規雇用したら補助金を出すとかの対策のほうがよっぽど雇用問題の解決につながるんじゃねーの?」と大いに批判したもんだ。

 その「私のしごと館」 建設の約10分の1ぐらいの予算で運営補助を開始したのが、このヤング・ジョブスポットなんだけど、こっちのほうは結構利用者も多くて、 京都ヤングジョブスポットなんかでも、年間5000人を超える利用者があり、毎年のように利用者がうなぎのぼりで増えていたのだそうな。
 話を聞くと、コンピューターによる適正職業診断とか、対人関係をつくるのが苦手な若者に、 面接を受けるための必要最低限のコミュニケーション能力をつけさせるカウンセリングとか、 そういう需要は潜在的にはあったあったらしい。 まぁこれはコバコバがジョブスポットの実態を調査してみて最近になって認識を改めた点。

 この「まだマシ」な政策だった、ヤング・ジョブスポットのほうを、安倍内閣はコッソリと廃止しちゃうってんだから、、、 4年前の選挙で創○学○の青年部諸君が、キレイなカラー刷りのリーフレットで「与党だから出来ました」「若者を応援します! 実現力の公○党です」と大宣伝していたのは、いったいなんだったんだ!と、まあ腹を立てているわけです。

 結局あれですか、選挙のために何100億円かの予算を引っ張ってきて、 選挙での宣伝が終わったらさっさとやめちゃってもとの木阿弥。地域振興券なんかとおんなじ構図だなw

 なんて、感じた次第。

 さらに問題だなぁと思うのは、政府の「青年の雇用問題の原因が若者の就労意識に原因がある」という、認識・答弁は基本的に変化していない点。 つまり、若者に向かって「お前の職業意識が低いから就職できないんだ!」 と言っておきながら 「そうか、よし、ヤング・ジョブスポットで自分にあった仕事は何なのか探してみよう!」 という就職難に苦し見ながらも前向きに努力しようとしている若者から、 そのために必要な「大事な成長の場」を奪ってしまうという残酷な仕打ち。 安倍内閣の掲げる『再チャレンジ』の実態なんて、 実はこんなもんだってのがよく分かる。

 ちなみに、このヤング・ジョブスポットで働く職員さん、調べてみると、ほとんどが短期契約雇用のアルバイト・ 派遣さんだったっていうのが実態で、若者雇用をサポートする人が4月にはサポートされる側に廻っちゃうっていう、なんともまぁ、 笑うに笑えない実態なんだな、、、

 ちょっと!ちょっとちょっと~!これって、大問題だと思うんですけど!
 、、、誰も問題にしないまま3月末を迎えちゃうんですかねぇ?とりあえず、 現時点で誰も問題にしてないみたいだからコバコバがこのエントリーを皮切りに世論に火をつけようと思う。
 (コメント欄なんかにジョブスポットの実際の利用者の声が寄せられるとうれしかったりするw)

 安倍内閣の再チャレンジなんてインチキだ!応援よろしくw⇒

1月27日00:15追記・・・通報しますたw

 この記事を、穀田恵二・衆議院議員成宮まり子・参議院京都選挙区予定候補堀内てるふみ・兵庫選挙区予定候補皆川ともちゃん平井よっちゃんトガトガ豊ゴメス山根イケメン森田他、多数の議員・青年候補者各位にトラックバックしましたw
 今後この問題がどんな風に推移するのか、、、楽しみですw



ブログ内検索

 
Web koba3.blog81.fc2.com

RSSフィード

おすすめ商品!





コバコバお薦めの本


ダ・ヴィンチ・コード
キリスト教についてのウンチクがタップリ。

私の戦後六〇年 日本共産党議長の証言
平易で読みやすい、党外の人に読んでほしい。

県庁の星
映画化決定!
公務員攻撃に負けるな!
「生協の白石さん」
生協の白石さん
話題のブログ本、白石さんの誠実な回答姿勢がグッドです。
「約束」
「約束」
石田衣良の「泣かせる」短編集。ひたすら泣けます!僕は1行目を読んだだけでストーリーを思い出して泣けてしまいます。


電車男
電車男
いわずと知れた、超有名ラブストーリー。ドラマ始まりましたね、主役の伊藤淳史君が最高!


アキハバラ@DEEP
アキハバラ@DEEP
石田衣良さんが「IT革命」を書いたら、こんなにステキな人間ドラマになっちゃいました。



偽造証券
偽造証券
サスペンス仕立てな経済小説で、ストーリーも飽きさせず、経済の勉強にもなる。そして、お金ではなく人間が描かれているのが良い。


党綱領の理論上の突破点について
党綱領の理論上の突破点について
不破議長の著作は、これからどんどん紹介しますよ!

いまこの世界をどう見るか―アジア・アフリカ・ラテンアメリカ
いまこの世界をどう見るか―アジア・アフリカ・ラテンアメリカ
 4月9日におこなった表題の講演が、さっそく本になりました。読めば元気になる一冊です。


『資本論』全三部を読む〈第1冊〉代々木『資本論』ゼミナール・講義集
『資本論』全三部を読む〈第1冊〉代々木『資本論』ゼミナール・講義集
この本は7冊セットです。僕もまだ読み途中です(^-^;)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スカイプID kobakoba3

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。