プロフィール

コバコバ

Author:コバコバ
 京都在住、日本共産党の若手専従活動家のコバコバです。
メールは→ko-b@goo.jpへお願いします。

ただいまのログイン状態は
   ↓
My status

FC2カウンター

2006/11/8~

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

 FC2は広告スパムのコメント・トラバがものすごく多いので、コメント・トラバはいったん保留する設定にしてますが、なるべく早く承認・表示しますのでご容赦下さい。  なお「日共」は禁止ワード設定してます。  「日本共産党」と正式名称でお書き下さい。


人気ブログランキング参戦中!

9条守ろう!ブロガーズリンクを応援しています

Basic Calendar

<04 | 2006/05 | 06>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2アフィリエイト

FC2ブログジャンキー

京さん党宣言
「日本の夜明けは京都から!」京都在住・日本共産党・若手専従活動家のコバコバが、日本と京都の政治・経済について語る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グーグルの未来-パーフェクトな検索
ザ・サーチ グーグルが世界を変えた

日経BP社

このアイテムの詳細を見る


 4月?5月にかけて、マルクスさんに登場してもらって、web2. 0について語ってもらった。

 実はその下敷きになったもう一冊の本がこれ。
 インターネットの世界が「グーグル以前」と「グーグル以後」にクッキリと分かれることを鮮やかに描ききった本だ。 ネット界で過去に起きたこと、これからおきることについて多少の興味がある人は必ず読むべき本=独習指定文献(笑)だ。

 この本の第11章では「完璧なる検索」と題して、「検索」の未来、ひいてはインターネットの未来について、大胆な予想を書いている。
 この著者によれば「ここでは完全なる検索の世界というものを想像してみよう。・・・何かを質問して客観的な回答を得るのではなく、 完全な検索をして「あなたの」完全な回答を得る。あなたの質問の文脈と意図に適した回答、不気味になるほどの正確さで、あなたが誰であり、 なぜ質問をしたかを知り尽くした上での回答を得る」のが、完全なる検索だと言う。

 今日はコバコバが、その「完全なる検索」を実現するために、グーグルがその「アルゴリズム」 にどんな「変数」を取り込もうとしているのかについて想像してやろう。 コンピュータについてはまったくの素人が晩酌後の勢いに任せて書いたものだから、あんまり期待しないでネン(^^。

Who 誰が
 「完全なる検索」では、検索を行ったのが「誰であるのか」が最も重要な「変数」となる。
 「ダ・ヴィンチ」という単語を検索した相手が「美術大学生」か「理工学部生」かによって、適切な回答が違うことはすぐに想像がつくだろう。 (言うまでもなく、レオナルド・ダ・ヴィンチは優れた芸術家であり自然科学者でもあった)

 すでに、グーグルアカウントやマイ・ヤフーなど、パーソナライズされた環境で検索を行うことは半ば常識となっている。あとは検索結果に 「誰が」検索をしてきたかによって、検索結果を変化させるためのアルゴリズムを書くだけだ。

What 何を
 パーソナライズされた検索で、相手の趣味趣向や属性(男か女か?理系か文系か?大人か子供か?などなど)を判別するには、 その相手が過去に「何を」検索語彙として入力したかが鍵になる。
 過去の検索履歴、これも未来のデータベースがアルゴリズムに取り込むべき重要な「変数」だ。

 似たような検索語彙を入力するグループを発見できれば、そのグループの検索動向を見て、 相手が次にどんなクエリーを打ち込んでくるのかをある程度予測ができるようになるだろう。

When いつ
 「何時(いつ)」その検索が行われたのかも、重要な変数となる。
 「WTC(世界貿易センタービル)」を検索する人が期待する回答は、 2001年9月11日以前と以後ではまったく違うものであることは明らかだ。

 検索語彙そのものが、時代とともにその身にまとう意味合いを変化させる。変化を読み解くためのデータはやはりweb上に転がっている。 急速に検索回数が増えた言葉や、web上で言及される回数やその使われる文脈の変化を、「リアルタイム」でデータベースに取り込んでいく。 処理速度の増加がそれを可能にする。

Where どこで
 検索をかけてきた相手がどこからその検索を行ったのかも、きわめて重要な「変数」だ。
 未来の検索では「業務中の病院」というクエリーに対して、相手の所在地情報から、半径10キロいないの病院のホームページの診療時間・ 電話番号の情報を返すようになるのが当たり前になるだろう。

 カルフォルニアでは、グーグルが無料の無線LANネットワークを整備しつつある。 検索を行うユーザーの位置情報が半径500メートルの精度でグーグルのデータベースに取込まれるのだ。

Why なぜ
 「未来の検索」では「なぜその検索を行うのか?」についても、推測し「変数」として取込んでしまう。
 「モナ・リザ」を検索してきた相手が、おなじPC上で「イラストレーターを起動して絵を描いている」のか、「ワード・ エクセルを起動して論文を書いている」のか「地図ソフトでフランス辺りを表示している」のかによって、検索結果が変わってくれたとしたら、 ユーザーはその勘の良さに舌を巻くだろう。

 「検索の履歴=クリック・ストリーム」がその「何故?」の答えをもたらすこともある。多くの人間の「検索の履歴」を取込めば取込むほどに、 「何故?」を推測する精度も向上するだろう。

How どうやって
 「未来の検索」では、検索語彙の入力はキーボードをたたくという狭い枠組みから解放されて、「音声」「身振り手振り」「目配せ」などにも、 正確なリターンを返してくるようになる。インターフェイスの進化は「JIS配列キーボード」と「光学式マウス」 で頭打ちになると思ったら大間違いだ。

 「集音マイク」と「高画素カメラ」によるインターフェイスを持つPCに向かって、「遊ぶところ」という「音声」に、 ちょっとしたウィンクを付加えれば、相手の希望する「遊び場」を教えてくれるようになる。 相手が恋人ができたばかりの青年であればUSJのホームページと交通情報を知らせるホームページを、 小遣いをもらったばかりの中学生の男の子なら歩いていける「おもちゃの○○商店」の新着情報を、リターンするようになる。

 この「5W1H」を、グーグルの生み出すアルゴリズムが「変数」として取込むようになれば、 それはもう「パーフェクトな検索」そのものだ。
 しかし、 そのとき私たちの個人情報はグーグルのデータベースによって完璧に捕捉され、丸裸にされてしまうということを意味する。

 例えば車に乗っていると、お腹がすいた時間を見計らって、カーナビが一番近くの料理店の広告を表示してくれる(もちろん、 料理店は広告費をグーグルに献上することになる)・・・・そんな未来を私たちが快適なものとして感じることができるのかどうか?
 薄気味悪さが同居した、夢の未来像だ。

 未来の行く先を左右するのは「グーグル」を支配するのがいったい「誰になるのか?」 なんだと思う。
 ホワイトハウスなのか?
 グーグルの株主なのか?
 グーグルの二人の創業者なのか?
 利用者である不特定多数無限大の民衆なのか?

 この件について僕自身は楽観的でありたいと思う。
 グーグルも所詮人間が作った会社であり「神」ではない。人類の「集団の理性」によってコントロールが可能だと、、、

 酔いに任せて「わかる人だけ読んで!」って感じで書きました
 それでも応援してくれる人はこいつをポチっと♪→


スポンサーサイト
「君が代」の替え歌-来年の3月はこの歌詞で決まり?

「君が代」替え歌流布 ネット上「慰安婦」主題? (産経新聞) - goo ニュース

 いやー産経新聞GJ!(グッジョブ!)

 実は、コバコバは日本共産党から給料をもらっている身でありながら『日の丸・君が代』 そのものにはあまりアレルギーのようなものがない。これが、僕の親の世代の共産党員となるとものすごいアレルギーがあるんだけど、 正直言って世代間ギャップというか「なんでそこまで」って感じる事もある。
 小・中と卒業式で「君が代」が流れたときは、教師の大半と父母の半分、生徒の3割ぐらいは座ってて (まだまだそういう時代だったんだな?地域性もあるかも?)、僕もつき合いで座ったんだけど、実は心の中では「校長もかわいそうだな?」 ってリトル思ってた。

 ただね、3月の卒業式シーズンに、日の丸・君が代が強制されている記事を見るとやっぱり腹が立つんだな。やっぱ『強制』 は良くないですよ『強制』は。

 で!今日はナナナナんと「強制」に従うフリをしつつ内心の自由を守る画期的な方法を、産経新聞が紹介してくれました (パチパチパチ???
 まず起立するのは、座りっぱなしだとしんどいから、たまには立って足をのばすのもイイジャマイカって事で心の中で納得しておいて、 君が代斉唱が始まったら、下記の歌詞を思いっきり大声で歌ってやろう!

 ■「君が代」の替え歌 歌詞と訳

 

 【詞】
 Kiss me, girl, your old one.
 きぃーみーがーあーる よーぉ?わ
 Till you’re near, it is years till you’re near.
 ちーよ?  に????っ  やー ち? よ?  にー 
 Sounds of the dead will she know?
 さー      ざー  れ? ぅいーしー のぅ??
 She wants all told, now retained,for,
 しー わー   おぅとぅ  な??りてーーー
 cold caves know the moon’s seeing the mad and dead.
 こぅ  けぃ? のぅ?  ムーンんん? す?     まっっっぁ?でっ

 【訳】
 私にキスしておくれ、少女よ、このおばあちゃんに。
 おまえがそばに来てくれるまで、何年もかかったよ、そばに来てくれるまで。
 死者たちの声を知ってくれるのかい。
 すべてが語られ、今、心にとどめておくことを望んでくれるんだね。
 だって、そうだよね。冷たい洞窟(どうくつ)は知っているんだからね。
 お月さまは、気がふれて死んでいった者たちのことをずっと見てるってことを。

 歌詞の意味は 『政府に賠償請求の裁判を起こした元慰安婦と出会った日本人少女が戦後補償裁判で歴史の真相が明らかにされていくのを心にとどめ、 既に亡くなった元慰安婦の無念に思いをはせる?という設定』だそうな。回りくどい言い回しだけど、 そこはしょうがないってことで納得して、こいつを大声で歌ってやろう!

 こちらもよろしければポチっとご協力を→
 もちろん強制じゃないですけどwww


日本版「ダ・ヴィンチ・コード」ってどうだろう?
ダ・ヴィンチ・コード(上)

角川書店

このアイテムの詳細を見る

 ご無沙汰です。久々更新です。ネタがないときの書評頼みです(半分ホント

 最近めっきり忙しくて、ブログの更新が途絶えてたんですが、実はコバコバの仕事は忙しくなればなるほど読む本の量は増えます
 何故か?

 「仕事が忙しくなると電車での移動時間が増えるから」でやんす。ちょっと変わった部署についてるもんで・・・ 電車内は僕にとっては図書館の机と同じなんだな。

 でもって、ゴールデンウィークを前後して今日までに、新書や文庫など10種類20冊以上を読みあさってました。

 本日ブログ再開第1弾は、今話題の「ダ・ヴィンチ・コード」

  • 以下の文書は、原作を読んでいない人には意味がわからないかもしれない上、ネタバレになる危険があります。 原作を読む・映画を見に行く予定のある人は読まないことをお奨めします。

 ストーリーとしては、ある秘密結社の幹部4人が何者かによって同時に殺害され、その幹部4人のみが知っている、イエス・ キリストに関する秘密とその証拠=聖杯のありか、を巡って、秘密結社の代表でありルーブル美術館の館長・ソニエールが、 殺される直前に残したダイイング・メッセージ?それは、自分の娘であり暗号解読を専門にする女性刑事ソフィーと、 イエスキリストの秘密を研究していた主人公の大学教授ロバートに宛てて、巧妙な暗号で書かれていた! ?の秘密を明かしていくというもの。
 主役の二人は(そして読者も!)ソニエールの暗号がマニアックすぎてなかなか解けずに頭を抱えさせられるは、 暗号を解いている最中ずっと警察から殺人容疑者として追われるは、 真犯人で聖杯を手に入れることに執念を燃やすキリスト教原理主義の殺し屋からも追いかけられるは、、、読んでいる読者は、ハラハラ・ ドキドキしながら、2重3重の意味が込められた暗号を解く楽しさがあるし、暗号を解きながらイエス・ キリストに関するいままでの常識をくつがえす新解釈で目からウロコだし、 その新解釈をまるで真実かのように演出してくれる実在の歴史上の人物や出来事・組織、 有名芸術品の数々で知的な好奇心を思いっきりくすぐられる。
 文庫になって上中下3冊なんだけど、面白すぎて3日で読んでしまった。

 それで、この小説からインスパイアされたんだけど 『この小説の設定を日本の伝統的な宗教や有名な歴史上の事実に置き換えられないかなあ?』と、、、、、 考え出したらまたまた妄想が止まらないwww

 「ダ・ヴィンチ・コード」のモチーフになっているイエスキリストの秘密ってのは、
1,実はキリストは有力な王族の末裔。
2,実はキリストには妻がいて子供もいた。
3,妻はキリスト教内では「娼婦」と考えられているマグダラのマリアだった
4,キリスト自身は、神ではなく普通の人間であり、徹底した男女同権主義者であり、性交についても神に近づく神聖な行為ととらえていた。
5,それらの事実を隠ペイし「キリストの神格化」「厳しい道徳観」「男性による支配」を、 支配の道具として利用したのが3世紀以降のローマカトリックだった。
6,この秘密を「隠しつつ後世に伝える」目的で結成されたのが「シオン修道会」で、歴代の代表にはあのダ・ヴィンチも名を連ねていて、ダ・ ヴィンチはその秘密を自分の有名な絵画に暗号として残した。
7,秘密を解く証拠となるのがうしなわれた聖杯らしい

 で、この本のキャッチコピーはというと・・・
 「聖杯を求めて、考古学の大学教授と女性暗号捜査官が、ダ・ヴィンチの絵にこめられた謎を解き明かす、歴史ミステリー・・ ・ダ・ヴィンチ・コード
 「『キリストは結婚していた?』『キリスト教はもともとセックス賛美!?』ヨーロッパで、 キリスト教会のひんしゅくを買いながらもセンセーショナルを巻き起こして大ベストセラー!映画化決定!!」

 これが、本書で解明されるキリストの秘密の荒っぽい内容と、本のキャッチコピーなのだが、、、こいつをですね。

1,日本の支配者となる天皇家は、朝鮮半島からの渡来人の末裔。
2,邪馬台国の女王卑弥呼は巫女なんかじゃなくてちゃんと夫と子供がいた。
3,実は卑弥呼の夫というのが歴代天皇の2?8代のうちの誰々さん。
4,もともとの天皇家の実態は「女性絶対優位」「男性天皇はお飾りのマスオさん状態」で、初代天皇から卑弥呼の後も何代かにわたって、 女系による皇統継承が行われていた。
5,これらの事実を隠ペイし「日本は神の国」「仏教によって補完された道徳観」「男性による支配」をテコに日本の支配を完成させたのが、 古事記を編纂した天武天皇。
6,この秘密を「隠しつつ後世に伝える」目的で結成された仏師の秘密組織があった、その名も「慶派」、創始者は有名な「運慶・快慶」、 二人は自分の作品に秘密のメッセージを隠したらしい。
7,秘密を解く鍵は、邪馬台国のあった場所を特定することらしい。

 というモチーフでもって、こういう↓キャッチコピーの本を書くのよ!
 「邪馬台国の在処を解き明かすべく、大谷大学の教授とハイテクを操る文化系女性捜査官が、 阿弥陀如来像にこめられた謎を解き明かす歴史ミステリー・・・・阿弥陀如来コード
 「『天皇はもともと女系だった?』『仏教の教えはセックス賛美!?』日本の伝統的宗教界からひんしゅくを買いつつ、 センセーションを巻き起こして大ベストセラー!映画化決定!!」

 うーん、本の題名がイマイチか、、、
 僕にはダン・ブラウンほどの文才はないし、誰かこのアイデア買ってくんないかな?

 映画化決定?→


「マルクスがweb進化論を語る」―web2.0についてマルクスさんに聞いて見た・・・その10

 

その10:「マルクスがweb進化論を語る

これまでの連載はこちら
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回

*連載も第10回めです、いよいよ最終回? 今回は最近流行っている「web進化論」 をマルクス流に切ってみようかなと・・・

 

 どもども、マルクスさんご無沙汰です。
 ホントご無沙汰だよな。1週間もほっとくなんて、 非常識にもほどがあるぞゴルァ!
 いや、、、その、、 共産党の専従職員でもゴールデンウィークにはそれなりに休みたいというか、、、

 ハア?それで、長野に旅行に行っていたと?
 もういいよ!ほら、とっとと今日のインタビュー始めろよ!


 (チョそればらさなくてもいいヤン、 、、_| ̄|○)

 エ?っと、わかりました、、、今日は最終回って事で、前回・前々回の説明では、グーグルをはじめとするweb2. 0と呼ばれる企業が、

  1. 労働者による「労働」が「価値」が「唯一の源泉」であること。「資本」は「利潤の増大」 を唯一の推進動機に活動を行うというマルクス経済学の解明した資本主義の仕組みは、web2. 0の世界でも貫徹している。
  2. 優れた「データベース」は「労働者」のおこなう「労働」を肩代わりできるようになる。
  3. 「データベース」という「商品」の「価値」を増大させるための競争を行っているのが、 今日のインターネットビジネスで起きている出来事のほとんどすべて
  4. グーグルなど成功している企業は、その「価値」の増大のための「労働」 をサービス利用者に肩代わりさせる技術を開発したことで成功している。

 ということが明らかになったと思います。
 今日は、このweb2.0について、梅田望夫 著  「ウェブ進化論」 本当の大変化はこれから始まるを下敷きに、マルクス経済学的なメスを入れていただきたい。

 あの本なら僕も興味深く読んだよ。 
 それなら話が早いッス。
 ではマルクスさん、ずばり
マルクスさんによるweb2.0の定義を聞かせて下さい


 わかりました。
 web2.0とは、
 「インターネット上のサービスを提供する会社がおこなう諸活動の中で、 データベースという唯一の「商品」を「生産」するための「労働」の一部を、「不特定多数無限大の利用者」 に肩代わりさせる「効率の良い仕組み」を取り入れることに成功した事例の総称」
 と定義できると思います

 なんとも、 短く言い切っちゃいましたね!
 梅田氏が新書1冊を丸々使って説明した中身がほとんど説明されて無いんですけど、、、

 そうですね、まぁ梅田氏が様々に説明した中身は、結局のところ、新しいテクノロジーが利用できるもとで、 資本主義社会で起きる、利潤増大のために「資本」が行う様々な方法について解説しているにすぎないわけです。
 しかもその方法は、「資本」がこれまでにリアルな世界で行って来た様々な利潤増大策の延長線上で説明できるし、 19世紀の資本主義を分析したマルクス経済学によって見出された様々な法則を、 真新しいカタカナ用語で説明しなおしているだけだと思って読むべきだと思いました。

 ずいぶん、自信タップリですね。
 それでは、例えば「ロング・ テール現象」についての説明はどう読みましたか?
 利潤増大のために、8割の不効率なものを切り捨てて、 2割の売れ筋商品や優秀な労働者に経営資源を集中させるというこれまでの資本主義の常識を覆すような現象だと思いますが、、、
 あのねェ、「上位2割の○○が全体の8割の△△を占める」というパレートの法則は、 僕の発見した法則じゃないからね?
 もし利潤が最大化できるなら、あまり売れない種類の「商品」でもつくって売ろうとするのが「資本の魂」なわけよ。
 極端な話、営業や販売に関わる労働者の賃金を限りなくゼロにすることが出来れば、競合他社との関係で、 あまり売れない種類の商品でも生産して貨幣と交換しようとするのは当然じゃないの。

 なるほど、、、
 それでは、情報をネットの「こちら側」から「あちら側」へ移すという変化についてはどう見たらいいのでしょう?

 そのほうがコストが最小化できる=利潤を最大化できる、 ような環境が整ったからそういった変化が起き始めているというだけです。
 19世紀の資本主義が、生産のための「生産手段」(工場など)を消費地に近い「こちら側」から、 消費地から遠いけどコストを下げられる「あちら側」に移動させたのと同じことですよ。
 当時も輸送手段の発達など、コストを下げる環境が整ったからそのような変化が起きたわけだけど、 それと同じ変化がデジタル情報を処理するためのコンピューター技術の発達によって、 デジタル化された情報についても起きている、と。

 その話は梅田氏が「チープ革命」 って言葉で説明した変化の中身とも重なってきますね。

 そういうこと。
 生産能力の増大が、 商品を生産するのに必要だった労働時間をどんどん短くしていくという資本主義社会の法則がそのまま貫徹しているだけ。
 それじゃあ、web・APIの公開についてはどうですか?
 ウェブサービスの開発者向けに、データベースのデータを利用するための環境を提供する= 「アプリケーション プログラム インターフェイス」を公開するっていう手法ですけど、、、

 商品生産の過程の一部を分業にすることで生産能力の増大を目指すというのも、利潤拡大をどこまでも追及する 「資本の魂」が行う当然の行動でしょう。
 つくっている「商品」は「データベース」なわけですから、自前のデータベースをもたない企業に、 不特定多数無限大の利用者からのデーターを集めるための「効率の良い仕組み作り」 という「労働」を肩代わりさせるわけです。
 そのための「無料で公開する」という手段もきわめて効率的と言えるでしょう。なにしろ「交換」という、最も「労働力」 を消費する過程を省略できるわけだからね。
 

 う?ん。そういうことかァ。
 それじゃあ「新しい変化」の中身も、結局は資本主義の「生産緒力の増大」 っていうこれまでの変化の延長線上の現象だということですね?
 そうなると、資本主義社会の発展そのものが「矛盾」を生み出し、その「矛盾」そのものが、 新しい社会を生み出す原動力となる、そしてその新しい社会への変化を促進させるのは「階級闘争」であるという、 マルクス主義の命題は今も生きている、と、こういう事ですね?

 そうだね。
 しばらくは、グーグルなどの新興企業による経済活動が、古い企業を淘汰したり、労賃の安い外国の労働者による「知的労働」 が容易に利用可能になることで、ますます「資本家階級」と「労働者階級」の格差が拡大する=「矛盾が拡大する」 という作用を及ぼすだろうけどね。
 なんせ、1ヵ月の所得が30ドル以下の発展途上の国民も、 米英のように1ヵ月に3000ドルぐらい稼ぐのが当たり前の国民も、グーグル・ アドセンスで一ヵ月に300ドル稼ぐためには同じ「労働」をすればいいわけだからね。
 しかも、その発展途上国で使われているのが「英語」だったりするから、その変化は急激だろうね。
 まあこれも、生産手段である工場が外国に出て行くのと同じことだよ。

 なんか、 その仕組みを独占しているグーグルみたいな技術系の会社が世界の支配者になっていくんじゃないかって、 暗くなってきちゃうんですけど・・・
 な?に、「労働者階級」 が主人公となる未来社会では、きっとそのグーグルの「所有」する「生産手段」をも「労働者階級」が豊かな生活を実現する 「生産手段」として利用できるようになるんだろうと思うよ。
 なんせ「利潤」を増大させることのみが唯一の推進動機となっている事で「過剰な生産能力」を「制御できない」 っていうバカげたシステムである「資本主義」って仕組みが、いつまでも続くわけが無いと、僕は今でも信じているからね。
 グーグルのような画期的な技術をもつ会社を生み出せたのも人類なら、「生産のための生産」「利潤増大が経済活動の唯一の目的」 という仕組みを「必要な消費のための生産」「働くものの生活を豊かにすることが経済活動の目的」 という仕組みに置き換えることだって人類には可能じゃないかね?

 なるほどネ。
 そしてその「資本主義」に変わる新しい未来社会を作る原動力は、、、、
 もちろん
 「団結ガンバロー!」ですなWWW
 やっぱりこのオチかWWW
 それじゃコバコバも
 「団結ガンバロー!」

 


 とりあえず、マルクスさんへのインタビューはこれでおしまいにしようかと思います。長らくお付き合いいただきありがとうございました。
 web進化論について、もうちょっと掘り下げた分析も考えましたが、話しが長くなるのは嫌だったので、1話に詰め込むために、 だいぶ端折りました。
 コメント欄で、不足分を補う議論を展開できたらと希望しています。議論の展開しだいで、続編を書くかも!?

 ということで、面白かったと思ったらこいつをクリック!⇒



ブログ内検索

 
Web koba3.blog81.fc2.com

RSSフィード

おすすめ商品!





コバコバお薦めの本


ダ・ヴィンチ・コード
キリスト教についてのウンチクがタップリ。

私の戦後六〇年 日本共産党議長の証言
平易で読みやすい、党外の人に読んでほしい。

県庁の星
映画化決定!
公務員攻撃に負けるな!
「生協の白石さん」
生協の白石さん
話題のブログ本、白石さんの誠実な回答姿勢がグッドです。
「約束」
「約束」
石田衣良の「泣かせる」短編集。ひたすら泣けます!僕は1行目を読んだだけでストーリーを思い出して泣けてしまいます。


電車男
電車男
いわずと知れた、超有名ラブストーリー。ドラマ始まりましたね、主役の伊藤淳史君が最高!


アキハバラ@DEEP
アキハバラ@DEEP
石田衣良さんが「IT革命」を書いたら、こんなにステキな人間ドラマになっちゃいました。



偽造証券
偽造証券
サスペンス仕立てな経済小説で、ストーリーも飽きさせず、経済の勉強にもなる。そして、お金ではなく人間が描かれているのが良い。


党綱領の理論上の突破点について
党綱領の理論上の突破点について
不破議長の著作は、これからどんどん紹介しますよ!

いまこの世界をどう見るか―アジア・アフリカ・ラテンアメリカ
いまこの世界をどう見るか―アジア・アフリカ・ラテンアメリカ
 4月9日におこなった表題の講演が、さっそく本になりました。読めば元気になる一冊です。


『資本論』全三部を読む〈第1冊〉代々木『資本論』ゼミナール・講義集
『資本論』全三部を読む〈第1冊〉代々木『資本論』ゼミナール・講義集
この本は7冊セットです。僕もまだ読み途中です(^-^;)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スカイプID kobakoba3

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。