プロフィール

コバコバ

Author:コバコバ
 京都在住、日本共産党の若手専従活動家のコバコバです。
メールは→ko-b@goo.jpへお願いします。

ただいまのログイン状態は
   ↓
My status

FC2カウンター

2006/11/8~

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

 FC2は広告スパムのコメント・トラバがものすごく多いので、コメント・トラバはいったん保留する設定にしてますが、なるべく早く承認・表示しますのでご容赦下さい。  なお「日共」は禁止ワード設定してます。  「日本共産党」と正式名称でお書き下さい。


人気ブログランキング参戦中!

9条守ろう!ブロガーズリンクを応援しています

Basic Calendar

<12 | 2007/01 | 02>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2アフィリエイト

FC2ブログジャンキー

京さん党宣言
「日本の夜明けは京都から!」京都在住・日本共産党・若手専従活動家のコバコバが、日本と京都の政治・経済について語る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【どこが再チャレンジ】ヤングジョブスポットが3月末で閉鎖!【安倍内閣の正体見たり】

 全国紙で取上げているところは無し。現時点でこの1紙のみ確認した

ジョブスポット廃止へ 神戸など3月末 厚労省(神戸新聞1月11日)

 そもそもヤング・ ジョブスポットってのが何なのかよく分からない人のために説明をすると、二〇〇三年から厚生労働省所管の独立行政法人「雇用・ 能力開発機構」が設置・運営する若者就労支援のための組織で、働きたいとは思っているが、職種などが絞れない若者を対象に、職業意識の啓発、 就職に関する悩み相談などを行ってきた。
 全国に14ヵ所設置されていて、京都でも京都市の施設であるウィングス京都内にある。

 正規雇用を中心とした職業斡旋を目的にしたヤング・ハローワーク等とは一線を画して、若者の職業意識の啓発など、 職探しの前段階でのサポートを目的に設置されたものなので、直接雇用には結びつかないという不十分点があったのは事実で、 そういう点は4年前の選挙のときに「若者応援の政策を実現しました!実現力の○○党です!」なんて宣伝をしまくっていたのを、 わが党としては「そんな不十分な政策じゃだめだ!」と批判をしてきた経過がある。

 そもそも、ヤングジョブスポットのような、直接雇用に結びつかない「啓発・相談」事業が設置されたのは
「若者の就職難の原因は、若い人たちの職業意識が低いからだ」
「求人があるのに、若い人たちが働きたがらないのが原因だ」
 などといいながら、就職難の問題を「雇用者」ではなく「働く青年」に原因があるとする、 当時の小泉内閣の青年雇用問題に対する認識が背景にあったわけなんだな。
 でもって、その「青年の就労意識不足」論に基づいて、 雇用能力開発機構を通じて実行した政策の一つがこのヤングジョブスポットだったって言うわけ。ちなみにこの「職業意識不足論」にもとづく、 若者支援事業の中で、最もお金をつぎ込んだのが、京都府南部に建設された「わたしの仕事館」建設だ。 約500億ほどかかったっていうこのバカげたハコ物事業。はっきり言って「そんな金があるなら、 実際に正規雇用したら補助金を出すとかの対策のほうがよっぽど雇用問題の解決につながるんじゃねーの?」と大いに批判したもんだ。

 その「私のしごと館」 建設の約10分の1ぐらいの予算で運営補助を開始したのが、このヤング・ジョブスポットなんだけど、こっちのほうは結構利用者も多くて、 京都ヤングジョブスポットなんかでも、年間5000人を超える利用者があり、毎年のように利用者がうなぎのぼりで増えていたのだそうな。
 話を聞くと、コンピューターによる適正職業診断とか、対人関係をつくるのが苦手な若者に、 面接を受けるための必要最低限のコミュニケーション能力をつけさせるカウンセリングとか、 そういう需要は潜在的にはあったあったらしい。 まぁこれはコバコバがジョブスポットの実態を調査してみて最近になって認識を改めた点。

 この「まだマシ」な政策だった、ヤング・ジョブスポットのほうを、安倍内閣はコッソリと廃止しちゃうってんだから、、、 4年前の選挙で創○学○の青年部諸君が、キレイなカラー刷りのリーフレットで「与党だから出来ました」「若者を応援します! 実現力の公○党です」と大宣伝していたのは、いったいなんだったんだ!と、まあ腹を立てているわけです。

 結局あれですか、選挙のために何100億円かの予算を引っ張ってきて、 選挙での宣伝が終わったらさっさとやめちゃってもとの木阿弥。地域振興券なんかとおんなじ構図だなw

 なんて、感じた次第。

 さらに問題だなぁと思うのは、政府の「青年の雇用問題の原因が若者の就労意識に原因がある」という、認識・答弁は基本的に変化していない点。 つまり、若者に向かって「お前の職業意識が低いから就職できないんだ!」 と言っておきながら 「そうか、よし、ヤング・ジョブスポットで自分にあった仕事は何なのか探してみよう!」 という就職難に苦し見ながらも前向きに努力しようとしている若者から、 そのために必要な「大事な成長の場」を奪ってしまうという残酷な仕打ち。 安倍内閣の掲げる『再チャレンジ』の実態なんて、 実はこんなもんだってのがよく分かる。

 ちなみに、このヤング・ジョブスポットで働く職員さん、調べてみると、ほとんどが短期契約雇用のアルバイト・ 派遣さんだったっていうのが実態で、若者雇用をサポートする人が4月にはサポートされる側に廻っちゃうっていう、なんともまぁ、 笑うに笑えない実態なんだな、、、

 ちょっと!ちょっとちょっと~!これって、大問題だと思うんですけど!
 、、、誰も問題にしないまま3月末を迎えちゃうんですかねぇ?とりあえず、 現時点で誰も問題にしてないみたいだからコバコバがこのエントリーを皮切りに世論に火をつけようと思う。
 (コメント欄なんかにジョブスポットの実際の利用者の声が寄せられるとうれしかったりするw)

 安倍内閣の再チャレンジなんてインチキだ!応援よろしくw⇒

1月27日00:15追記・・・通報しますたw

 この記事を、穀田恵二・衆議院議員成宮まり子・参議院京都選挙区予定候補堀内てるふみ・兵庫選挙区予定候補皆川ともちゃん平井よっちゃんトガトガ豊ゴメス山根イケメン森田他、多数の議員・青年候補者各位にトラックバックしましたw
 今後この問題がどんな風に推移するのか、、、楽しみですw


スポンサーサイト
泣ける「しんぶん赤旗」

 こういう記事を読むと、 ジーンと涙が出ちゃうんだよなあ・・・
 コバコバは通勤の電車の中で堂々としんぶん赤旗を開けて読む派なので、この前の土曜日がたまたま車で出勤の日で助かった。 満員電車で新聞読みながら涙流してる32才男子・しかも読んでいるのが「赤旗」 、、、さすがにヤバイでしょw

 ってことで、とりあえず全文引用!(赤旗インターネット版には残念ながらこの3面の記事は掲載されていない) これ読んで涙がでない党員は、自分の感受性をもう少し豊かにする努力をした方がいいとさえ思う。(おおげさかな?)

同僚・上司と普通に話せるのがうれしい

石播思想差別 勝利和解

東京・千々岩榮さん(59)


「春が来たみたいです」

 千々岩さんはしみじみと語ります。職場の雰囲気はここ数年で大きく変わっていました。ついに会社が「反省の意」を示しました。

 「昼めしを食いに行きましょうよ」。同僚の言葉に、千々岩さんは 「えっ」と驚きました。
 「おれと食べて、迷惑が及ばないのかな」ととまどいながら、社員食堂に行くと、同僚は二人分の席をとって「ここ、ここ」 と手招きします。一昔前には考えられませんでした。別の同僚も、食事に誘ってくれました。食べながら、よもやま話に花を咲かせました。
 「ごく当たり前のことなんですよね。その当たり前のことが、この石播では許されなかった」

 石播は日本共産党員や支持者を"企業破壊者"だといって、徹底的に差別してきました。インフォーマル(秘密労務)組織を通じて、 「口をきくな」「目を見るな」「香典を受け取るな」と仲間はずれにしました。

 千々岩さんは、高校を卒業し1965年に入社、開発部門で働いてきました。
 職場で日本共産党員と親しくなると、会社の上司に「かぶれているのか。手を切れ」と懇々と説得されました。 「共産党は要求を取り上げて頑張っているのに」と憤り、「こんな話には応じられない」と、 自らも労働組合の青年部協議会の役員に立候補し、労働条件を改善しようと訴えました。

 激しい差別にさらされます。研修を受けさせてもらえず、一つひとつが独学です。多数の特許を申請し、独創的なアイデアを出して、 携わった開発が機械学会で表彰されたこともありました。
 一昨年の愛知万博で高い評価を得た燃料電池の主要機器の開発にも貢献したと自負しています。
 しかし、社内での表彰に、千々岩さんだけはいつもはずされます。 同期入社の仲間が課長や課長代理に昇進しているいまも低い等級のままです。


子どもにまで

 千々岩さんが一番つらかったのは、同僚と仕事のこと以外の交流ができないことでした。仲間が飲みに行くときも誘われません。 20年ほど前の年末のこと。同僚全員が突然いなくなりました。別室で仕事納めの乾杯をしていたのです。一人しらふで門をでました。

 会社のレクリエーションに当時小学生だった息子を連れていきました。競技の後、 インフォーマル組織が弁当や飲み物を用意していましたが、千々岩さん親子にはありません。「なんで」という子どもに、「さあ、 街でおいしい物食べよう」と明るくふるまいました。
 「おれは間違ったことは何もやっていない。おれが頭を下げる必要はない」という思いが、千々岩さんを支えました。

 門前で党のビラを配布していて、手で払いのける労働者はごく数人。ビラを受け取らなくても多くがそっとうなずいていきます。 「たとえ口をきいてくれなくても、気持は通じる」。千々岩さんの労働者に寄せる信頼が変わることはありませんでした。
 差別されると分かっていても、会社の行事には出席しました。会社の運動会で、飲食物の出ない千々岩さんに、「おい食べろ」 と周りの目を気にしながら、そっと焼き鳥を差し出す労働者がいました。外に飲みにいくと目につくからと、夜、 誰もいない部屋で酒をくみかわす場を設けてくれた上司もいました。


7000人を首切り

 共産党員への差別は、自由にものが言えない職場をつくり出しました。
 1986年の七千人首切りをはじめ、無法がまかり通りました。上意下達の企業運営はやがて経営困難をもたらし、 橋りょう談合も摘発されました。
 石播は「自由に本音で話し合える職場」を掲げるようになりました。
 いまではビラを配っていても、はばかることなく受け取っていく若い労働者が多くなっています。

 「おれは、会社の顔色をみて立ち回るような生き方はしなかった。それで信頼してくれる人がいるのかな」千々岩さんは、 少し照れくさそうに語りました。
                       (赤旗記事ここまで)

 四の五の論評はしない。とにかく、これ読んで泣いとけ!

 思想差別ゆるすな!応援よろしくw⇒


「インターネット関係党員会議?」が開かれたぞw

 今回の「インターネット交流・懇談会」は、久々にワクワクする会議やった。

 メイン講師は、党中央委員会宣伝局次長の田村一志さん(イッシーさん)。補足報告は京都民報webを担当している、寺前・ 京都民報副編集長。参加者は全体で30人ぐらいってとこ。参加者の中には、共産党員ブログ人気ナンバー1の皆川ともチャンや、「議員は全員HPを作れ!」 とワープロすら使えない年配議員にまで無理やり作らせた(冗談です!)団として方針を持って、 技術的に全面的なバックアップもして市会議員全員のホームページ立ち上げという偉業を成し遂げた京都市会議員団の事務局員さんなど、 しかるべき人はほぼ全員参加。惜しむらくは、おっは?さんとゴメス山根君が参加した無かったことかな♪
 イッシーさんは、「議会と自治体・1月号」に掲載された「インターネットは国民と結びつく大事なメディア」っていう論文を元に報告、 京都民報webの寺前さんは、京都民報の目指す理念と、京都民報webがいかに親和性のとれたものかという点を強調した報告やった。

 イッシーさんの報告は実践的な話よりも、インターネットを巡る風潮やインターネットを活用する意義など、ひたすら「考え方」 に焦点を当てた内容で、多分、参加した多くの参加者にとっては物足りなかったと思う。たぶん、ネットを使い慣れた若い世代の党員なら、 おおいに感銘をうけたと思うんだけど、残念ながらそういう世代の参加者が少なかった、、、orz

 ってことで「ネット懇談会」で話し合われた内容については企業秘密(笑、ホントは書き始めると膨大になるがゆえの手抜き宣言) ってことにしておいて割愛!
 とりあえずわが党も、インターネットの活用については前向きに模索をしているんだゾ!ってことで、 今日も手抜きエントリーが続くw

 

ボチボチ気合入れたエントリーを書くんでしばしお待ちを!応援よろしく!⇒


亀岡市議選・全員当選!

 現地に行ってるお友達(赤旗京都分室記者)から第一報!
 順位とかわからんけど、とにもかくにも亀岡市議選全員当選!

バンザーイ
ヽ(*゚▽゚)ノ バンザーイ♪バンザーイ \(≧∇≦)/

ワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)   °゚°。。ヾ( ~▽~)ツ ワーイ♪

ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪   O(≧▽≦)O ワーイ♪

ワーイ♪☆彡(ノ゚▽゚)ノ

 

今頃多分こんな感じ?↓

ヾ( ~▽~)ツヾ( ~▽~)ツゝ(▽`*ゝ)ゝ(▽`*ゝ)ゝ(▽`*ゝ)
↑    ↑   ↑    ↑    ↑ 
  (馬場) (苗村) (立花) (並河) (田中)

新年1発目は超手抜きエントリーでスンマソン!

今年もよろしく!⇒



ブログ内検索

 
Web koba3.blog81.fc2.com

RSSフィード

おすすめ商品!





コバコバお薦めの本


ダ・ヴィンチ・コード
キリスト教についてのウンチクがタップリ。

私の戦後六〇年 日本共産党議長の証言
平易で読みやすい、党外の人に読んでほしい。

県庁の星
映画化決定!
公務員攻撃に負けるな!
「生協の白石さん」
生協の白石さん
話題のブログ本、白石さんの誠実な回答姿勢がグッドです。
「約束」
「約束」
石田衣良の「泣かせる」短編集。ひたすら泣けます!僕は1行目を読んだだけでストーリーを思い出して泣けてしまいます。


電車男
電車男
いわずと知れた、超有名ラブストーリー。ドラマ始まりましたね、主役の伊藤淳史君が最高!


アキハバラ@DEEP
アキハバラ@DEEP
石田衣良さんが「IT革命」を書いたら、こんなにステキな人間ドラマになっちゃいました。



偽造証券
偽造証券
サスペンス仕立てな経済小説で、ストーリーも飽きさせず、経済の勉強にもなる。そして、お金ではなく人間が描かれているのが良い。


党綱領の理論上の突破点について
党綱領の理論上の突破点について
不破議長の著作は、これからどんどん紹介しますよ!

いまこの世界をどう見るか―アジア・アフリカ・ラテンアメリカ
いまこの世界をどう見るか―アジア・アフリカ・ラテンアメリカ
 4月9日におこなった表題の講演が、さっそく本になりました。読めば元気になる一冊です。


『資本論』全三部を読む〈第1冊〉代々木『資本論』ゼミナール・講義集
『資本論』全三部を読む〈第1冊〉代々木『資本論』ゼミナール・講義集
この本は7冊セットです。僕もまだ読み途中です(^-^;)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スカイプID kobakoba3

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。