プロフィール

コバコバ

Author:コバコバ
 京都在住、日本共産党の若手専従活動家のコバコバです。
メールは→ko-b@goo.jpへお願いします。

ただいまのログイン状態は
   ↓
My status

FC2カウンター

2006/11/8~

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

 FC2は広告スパムのコメント・トラバがものすごく多いので、コメント・トラバはいったん保留する設定にしてますが、なるべく早く承認・表示しますのでご容赦下さい。  なお「日共」は禁止ワード設定してます。  「日本共産党」と正式名称でお書き下さい。


人気ブログランキング参戦中!

9条守ろう!ブロガーズリンクを応援しています

Basic Calendar

<04 | 2007/05 | 06>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2アフィリエイト

FC2ブログジャンキー

京さん党宣言
「日本の夜明けは京都から!」京都在住・日本共産党・若手専従活動家のコバコバが、日本と京都の政治・経済について語る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ小説という新しい小説の形-「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」を紹介します
ぼくたちと駐在さんの700日戦争 1 宣戦布告編―田舎町で繰り広げられたしょーもないイタズラ戦争 (1)

高陵社書店

このアイテムの詳細を見る


ぼくたちと駐在さんの700日戦争 1 宣戦布告編―田舎町で繰り広げられたしょーもないイタズラ戦争 (1)

 とにかく、読んでもらえばわかります。メチャクチャ面白いですから、ハイ。

 この小説の魅力はなんといっても「ブログ発」というところ。

 ブログ発の本はいくつもありますけどネ、小説で、しかも、ブログらしく作者と読者がコメ欄通じて交流できるっていうのが「ぼくちゅう」ならではの今までに無いスタイル。

 しかも、コメ欄での交流を通じて、作者(くろわっさん)の着想に火がついて、ストーリとか登場人物が軌道修正されるというのが、これまた今までに無い新しいスタイル。

 web2.0だとかなんだとかはしゃいでいるメディア業界が、このブログになんで目を付けなかったのかとつくづく不思議。
 いざ出版するとなると「元の作品のブログからの削除」を要求するというんだから、まったく「ワカッテナイなぁ!」という感じ。

 僕にとっては、出版された本の内容はすでにブログで読み終わったものだけど、それでもお金を出して買いたいと思わせるだけの魅力があるんですよ!
 「ぼくちゅう」には。




 内容をチョットだけ紹介すると、作者の「くろわっさん」の高校生時代の思い出を綴った「半フィクション」というのがこの物語の主要なモチーフで、作者自身が主役の「ママチャリ」となっている。(あだ名の由来が第1章で紹介されます)
 「ママチャリ」はイタズラを考えさせたらメチャクチャ頭が切れるという好青年。まぁ「諸葛孔明」っていう評価もまんざら言い過ぎとは言えないほどの「悪辣さ」www
 ママチャリの一番の親友の「西条」は、頭は悪いけど性格が良くて、ちょっぴりエロいキャラクターという設定で、西条君のバカ話で一話一話が完結する。

 そして、イタズラにあう大人たち。これが、駐在さんを筆頭に高校の先生や商店街のオジサンたちが、これまた少年達を暖かい眼差しで見守ってくれているのがよくよく伝わってきて、、、

 ストーリーの全体を通じて「昭和」の暖かさを感じるわけですヨ。

 ということで、この小説は「超お奨め」の一冊ということで、リンク先をクリックして購入するように!
 ふつうの本屋にはたぶん並んでないですからw
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

今何してる?を発信するだけのミニブログ「もごもご」

  写真クリックで、コバコバが最近なにをしてるかがわかりますwww↑

 普通のブログみたいに誰もがコメントできるんじゃなくて、会員しかコメントできない仕様です。って言うか、 クリックして見てみれば一目瞭然。

 mixiのプロフィールと日記がmixi会員以外にも読ませることができて、コメントが出来ないっていう感じかな?

 友達に「ヒマだよ~」とメールを打つ感覚で更新できるのがイイ!
 32にもなって、そんなメール打ってたら「頭おかしいんちゃうか?」って思われないか心配だけど「もごもご」だったら許される(ような気がする・・・)。

 RSS吐き出してくれて、ブログパーツみたいにこのブログに表示してくれるようになると面白いんだけどねw


ジェットコースターは「乗り物?」それとも「建物?」
*お久しぶりです。最近書きたいことがたまってきたので、またボチボチ更新を再開します

 こういうのを本当の「立法不作為」って言うんだと思うんだな。

ジェットコースター脱線死傷事故  悲鳴聞こえ…足震えた


今月5日にエキスポランドでおきた死亡事故、すでに多くの情報が氾濫しているので、あえて事故そのものについて詳述はしない。
 だって、「商業マスコミ」も「しんぶん赤旗」でさえも、カバーしない新情報を提供するのがコバコバの流儀だからネ♪

 さて、タイトルの質問、皆さん答えられますか?

 答えは、法律的には運送関係の諸法律では無く、「建築基準法」の縛りをうけるので「建物」が正解。

 ジャンボジェットが墜落したとか、JRの車両が脱線したとかになると必ず名前が出てくるのが「航空鉄道事故調査委員会」いわゆる「事故調」。
 第三者による検証は、その後事故を繰返さないために必要な様々な教訓を、起きてしまった事故からえぐり出してくれる。
 そして、事故を発生させた事業者の責任を厳しく追及してくれる。
 さらに、なんと言っても、事故調査委員会の後ろ盾は「国家」だということ。

 ひるがえって今回のコースター脱線事故、いわゆる「事故調」が立ち上がることはありえない。

 なぜか?

 だって、ジェットコースターは「乗り物」では無く「建築物」。
 その安全性を監督するのは、「特定行政庁」と呼ばれる地方自治体で、根拠法は「建築基準法」なのだ。
 今回のエキスポランドで言えば、建築主事資格を持った担当職員がたった二人しか在籍していない吹田市役所が監督官庁ということになる。
 ちなみに、国土交通省では住宅局が担当する。

 「なるほど!吹田市役所が責任者かぁ!」「吹田市役所は責任をとれ-!!!!!」って叫んだって、それは土台無理な話。
 吹田市役所にはジェットコースターのような特殊な「建築物」を監督する能力も無ければ、法的な限界も多い。「許可」制度と「確認」制度の違いと言えばわかっていただけるかしら?
 ようするに、エキスポランドが提出してきた書類に目をつむって判子を押すのが関の山というのが実態なのだ。
 (ひょっとしたら義務付けられているのは書類「提出」だけで役所の判子は必要なかったかもしれない・・・)

 今回の事態をうけて、吹田市役所がエキスポランドに対しいち早く業務停止の指示(あくまで命令ではない)と、29からある遊具の総点検を指示(しつこいようですが命令ではない)をしたのは、今ある法律の範囲でできるだけの仕事をしていると、評価してもいいと思う「吹田市役所GJ!」って言うと褒めすぎやけどね(><

 それにしても、去年起きたエレベーター死亡事故と言い、今回のジェットコースターの事故と言い、法律の整備が不十分であったために死亡に結びついた事故が多いことが最近目に付く。

 はてさて、来週あたりからこの問題について新しい立法も含めて対応を迫られることになるんだろうけど、建築基準法の枠内だったら「既存不適格の問題」もあるし、どうしはるのかなぁ?という感じ。
 ぼくの個人的な意見は、遊園地の遊具や超高層マンションのエレベーターは、建築基準法とは別立ての法律で-イメージとしては、自動車の車検制度や運転免許制度のような制度-「乗り物」扱いをしてあげるのが良いんじゃないかなぁ?と思う。

 それにしても、人が一人死んでからというのはなんとも遅すぎる。こういうのこそ立法不作為として問題にすべきだと思いますよ。
 国民投票法が無くて死亡事故につながることは無いんだからね!

 応援よろしく⇒



ブログ内検索

 
Web koba3.blog81.fc2.com

RSSフィード

おすすめ商品!





コバコバお薦めの本


ダ・ヴィンチ・コード
キリスト教についてのウンチクがタップリ。

私の戦後六〇年 日本共産党議長の証言
平易で読みやすい、党外の人に読んでほしい。

県庁の星
映画化決定!
公務員攻撃に負けるな!
「生協の白石さん」
生協の白石さん
話題のブログ本、白石さんの誠実な回答姿勢がグッドです。
「約束」
「約束」
石田衣良の「泣かせる」短編集。ひたすら泣けます!僕は1行目を読んだだけでストーリーを思い出して泣けてしまいます。


電車男
電車男
いわずと知れた、超有名ラブストーリー。ドラマ始まりましたね、主役の伊藤淳史君が最高!


アキハバラ@DEEP
アキハバラ@DEEP
石田衣良さんが「IT革命」を書いたら、こんなにステキな人間ドラマになっちゃいました。



偽造証券
偽造証券
サスペンス仕立てな経済小説で、ストーリーも飽きさせず、経済の勉強にもなる。そして、お金ではなく人間が描かれているのが良い。


党綱領の理論上の突破点について
党綱領の理論上の突破点について
不破議長の著作は、これからどんどん紹介しますよ!

いまこの世界をどう見るか―アジア・アフリカ・ラテンアメリカ
いまこの世界をどう見るか―アジア・アフリカ・ラテンアメリカ
 4月9日におこなった表題の講演が、さっそく本になりました。読めば元気になる一冊です。


『資本論』全三部を読む〈第1冊〉代々木『資本論』ゼミナール・講義集
『資本論』全三部を読む〈第1冊〉代々木『資本論』ゼミナール・講義集
この本は7冊セットです。僕もまだ読み途中です(^-^;)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スカイプID kobakoba3

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。