プロフィール

コバコバ

Author:コバコバ
 京都在住、日本共産党の若手専従活動家のコバコバです。
メールは→ko-b@goo.jpへお願いします。

ただいまのログイン状態は
   ↓
My status

FC2カウンター

2006/11/8~

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

 FC2は広告スパムのコメント・トラバがものすごく多いので、コメント・トラバはいったん保留する設定にしてますが、なるべく早く承認・表示しますのでご容赦下さい。  なお「日共」は禁止ワード設定してます。  「日本共産党」と正式名称でお書き下さい。


人気ブログランキング参戦中!

9条守ろう!ブロガーズリンクを応援しています

Basic Calendar

<08 | 2017/09 | 10>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2アフィリエイト

FC2ブログジャンキー

京さん党宣言
「日本の夜明けは京都から!」京都在住・日本共産党・若手専従活動家のコバコバが、日本と京都の政治・経済について語る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いじめ自殺」をする前にこのブログを読め!

 前回の 「いじめをゼロにする考え方がそもそも間違い」のエントリーはそこそこ反響があった。
 しかも、このエントリーの結論部分に「この話は続きを書きます」までと書いたので、 続きを楽しみにしている方には期待はずれになるかもしれないのですが、どうしても紹介したいと思ったので書くことにします。

 「京さん党宣言」がgooブログの時代からブックマークに登録していたので、読んでいる人も多いかと思うんだけど、 コバコバの愛読している「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」というブログ、 これをいじめを苦に自殺まで考えてしまっている読者には是非とも読んで欲しいと思うのです。

 このブログはもともと、コバコバが愛読していたgooブログ仲間でもある「CG&パースブログ」の管理人「クロワっさん」が、 自身の高校生時代の思い出を書きつづった「半フィクション」小説で、 本家のブログの1コーナーだったのをあまりに好評だったので本家ブログから独立させて、 独立させてからはさらに読者が激増したっていうブログです。

 とりあえず、このリンク先に飛んで、 序章から順番に読んで欲しいです。
 現在第7章まで書かれていますが、「読み始めると最後まで読まずにいられなくなる」 ことうけあいです、とにかく面白い。

 そして、作者の「くろわっ」さんがこのブログの読者を必死で増やそうとしている理由についても知って欲しいのです。
 トップページからはリンクされていないので、コバコバが該当部分を引用します

5章を書き終えた頃から、 たくさんのコメントをいただくようになりまして、その中にいくつか、心に残ったものがありました。
いえ、もちろん、みなさんのコメント、全て記憶しておりますが、そういう意味ではなく。

それは「鬱病」のかたのコメント(ご本人の希望で削除しております)と、現役高校生のかたのコメントでした。

すごく簡単、単純に書いてしまいますと、鬱病のかたのコメント内容は

「これを読んでいると、人や人生がすてたものではないように思えてくる」

といったものです。
その人のブログを拝見すると、いわゆる「リストカッター」といわれるかたのものなんですね。
5章『花火盗人』終了後、そのかたのブログには明らかな違いが見えてきて

ああ。なんかこんなしょーもない話なのに、この人の心の支えになったんだなぁ、って。
漠然と思いました。

日本は世界に君臨する自殺大国で、韓国には抜かれたものの「自殺の定義」が少々日本のほうが甘いので、実質世界一です。
なんとも不名誉なことなのですが。

つい先日も小学生のかたや、中学生のかたが短い生涯を自分で閉じられました。

いじめとか、差別とか、さらには殺人とか、いろんな問題があるわけなんですが、 そういうニュースを見るたびに、
あーこの人が「ぼくちゅう」読んでたらどうだったかなぁ、
って思うわけです。いえ。真面目に。

小中学生はさすがに無理かも知れませんけどね(笑)。

もちろん、そういう方って、現在いらっしゃっている千数百人のうち、一人か二人しかいらっしゃらないかも知れません。
もちろん、ゼロの可能性だってあるわけですが、

そこまでいかなくとも、「会社でやなことあったけど元気が出た」とか
「毎日に張りがなかったけど、とりあえず日課ができた」とか、
そんなものでも、なにかの役にはたっているかも知れません。

1人か2人のかたに当たるのに、1000人必要なら、2000人読者さんがいれば確率は2倍に上がります。

実は、露骨にこうしたことを意識して書いています。ぼくちゅう。

 最初はイタズラ好きな高校生によるコメディー話ばっかりなんですけど、5章ぐらいからかなりマジメ?な内容も増えていきます。 さらにこのブログのすごいところは、「現時点で毎日一日一話づつ書かれている」ので、「続きが気になって毎日読まなくては気が済まない」 ようになっていることです。
 まさに21世紀の「千夜一夜物語(アラビアン・ナイト)」
 アラビアン・ナイトのシャハラザード妃は自分が殺されないように「千夜」にわたる物語を紡いだわけだけど、「くろわっ」さんは、 目に見えない他人のために物語を紡いでいる・・・これはもの凄いことだと思うんです。

 ということで、コバコバは「くろわっ」さんのブログを心から応援しています。僕のブログの読者が全員「ぼくちゅう」 の読者になって欲しいっていうぐらい応援してます。
 いじめで自殺を考える前にこのブログを読んで見て欲しい!ってコバコバも本気で思っている、 それぐらい面白いし「心の栄養になるブログ」です。


 最後はいつもの応援ヨロシクです→

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
中毒
「ぼくちゅう」にはまってしまって、毎日の更新がまちどうしくなるのを、「ぼくちゅう中毒」略して「ぼく中」と呼びます。
ぼく中菌の感染力はすごいですね♪
【2006/11/22 21:53】 URL | コバコバ #- [ 編集]

「ぼくちゅう」はまりました!
はじめまして。
こちらで紹介されていた「ぼくちゅう」、読みました!
すっかりはまってしまって、2日かけて全部読みました。
続きが待ち遠しいです。

以前、赤旗で連載していた「稲の旋律」を毎朝楽しみにしていた日々を思い出しました。

「ぼくちゅう」はすごく面白いし、話題になっているので、「電車男」のように、きっと来年あたり、本になったり映画化されたりするんじゃないかと思うのですが、連載中の今、リアルタイムで読むことができて幸せです。
こんな素敵なブログを教えてくれて、どうもありがとう!>コバコバさん
【2006/11/22 00:34】 URL | MARUKO #DXknpAqk [ 編集]

質問準備頑張ってください
 ひとみさん、いつもコメントありが党です。
 一般質問で何を聞くか、大事ですよねぇ。

 ずばり、イジメがあることを前提にした対策に切り替えて、イジメの報告件数が多いことを学校・教員のマイナス評価にするなってことを、答弁で確認して頂きたいと思います。
 文科省の出した最近の通達に書いてある内容が特に重要かと(イジメ件数の報告を事実にもとづいて正確におこなうことを求めた通達)
【2006/11/12 23:56】 URL | コバコバ #- [ 編集]


21日からの一般質問(11月にあるのに12月議会です)で、「いじめ・不登校対策」を私がするようになりました。
今さら、勉強する暇はありませんので、私の経験と、「学力テスト」で、成績が他所より悪かった、と、二学期制の導入をするより、30人以下学級の方がいいっちゃないですか?条例を作れば、市で実施できるようになったではないですか。お金は貯めるばかりではなく、こどものために、有効につかったらどうですか。と、言うつもりですけど。受験受験
が、こどもたちをストレスだらけにしていることなどもね。
何か、短時間で読めるのがありましたら、紹介ください。
【2006/11/12 00:23】 URL | ひとみ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://koba3.blog81.fc2.com/tb.php/24-3656a630
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いじめについて(つづき)

またこんなことが起きている。 何をしているのだろうか、日本の大人は。都民30万票の支持を集め、「日本のケネディ一家」ともいわれる国民に大人気の石原知事の発言が一人の高校生を追い込んでいるらしい。 ********************毎日新聞のサイトか NN2006の日記【2006/11/23 02:41】

犯罪ブーム

仕事柄、週刊誌の『サンデー毎日』を毎週読んでいる。受験のデータは伝統的にこの雑誌だ。日本最古の週刊誌。Yomiuri Weeklyの学習塾ランキングのように独自の数字処理がされていないデータは信憑性が高く、解釈がしやすい。バイアスがかかっていないので、特定の企業に利 NN2006の日記【2006/11/23 02:40】

教育の憲法である「教育基本法」の強行採決を許すな!

教育基本法:改正案を衆院特別委が可決 与党単独で 衆院教育基本法特別委で野党(手前)欠席のまま教育基本法案に賛成し起立する与党委員たち=国会内で15日午後5時18分、藤井太郎写す 衆院教育基本法特別委員会は15日、教育基本法改正案について野党欠席のまま... 教育・社会・生活【2006/11/23 02:39】

いじめ問題(2)

文科省にいじめ自殺予告の手紙が相次いで届いているという。そもそも、「いじめ」を子供の問題、学校の問題だと考えて放置してきたことに問題の根本がある。管轄も、文科省ではなく、法務省だろう。法務省人権擁護委員会。ここで担当すべき。原因は明白.... 教育・社会・生活【2006/11/23 02:38】

いじめ問題

「数値、数値、数値」そこに救いはあるのか?ついにこの国はどうかしてしまった。与党の政調会長が「日教組に加入している教員は免許剥奪」と言ってみたり(日教組は抗議)(毎日新聞)、安部政権を国民の7割が支持してみたり・・・今回は「いじめ」について.... 教育・社会・生活【2006/11/23 02:38】

No349 津波/強行採決の傷跡/いじめ問題について/今日の仕事

 今晩は。伊東です。まず本題に入る前に。 津波注意報&警報が出ている地域の皆さん。避難を勧める警報が出されています。また、予報よりも早く、あるいは地形の関係で予想水位が高くなることもあります。一刻も早い避難をお勧めします。 今日は「教育基本法の『強行採.. 伊東勉の「言いたい事、伝えたい事。」【2006/11/16 00:13】

集団自殺考

自分で自分の幕引きをするということをお手軽なものにしてはならないと思う。生まれついてこの人は死を選ぶよりしかたがないと思えるような生い立ちとか精神状態や肉体的苦痛を抱えて生きている人っていうのも存在するんだろうなとも思う。もちろん、僕の目の前に自殺しよう チロ・デ・チロリンタン【2006/11/15 18:12】

いじめのこと

子どもたちのいじめ自殺のニュースが続いています。あまりに連日のことで、言葉もみつかりません。はやくこの連鎖が終わってほしい、子どもたちが安心して通えるような学校になってほしいという気持ちでいっぱいです。いじめの問題はいったいどうすれば解決できる... CHANNEL9【2006/11/14 14:28】

日亜化学が「偽装」是正 請負1600人 直接雇用

今日、JMIU 博多協議会でも労働相談に対応しました。JMIU九州協議会のホームページを見て、福岡地本書記長に電話連絡をされた「偽装請負」の疑いの濃い労働現場で働いている方お二人からの相談を受けました。正社員の1/3しか賃金が払われず、長期に亘って賃上げ 労働相談・JMIU博多協議会【2006/11/11 23:10】

勝手に自殺すれば…(-_-)

まわりが騒ぎすぎ!前にも書いたが、自殺したいやつは勝手に自殺すればいい。ただし、人に迷惑はかけるなよ!!っていってやれ!! 土佐高知の雑記帳【2006/11/11 11:02】
ブログ内検索

 
Web koba3.blog81.fc2.com

RSSフィード

おすすめ商品!





コバコバお薦めの本


ダ・ヴィンチ・コード
キリスト教についてのウンチクがタップリ。

私の戦後六〇年 日本共産党議長の証言
平易で読みやすい、党外の人に読んでほしい。

県庁の星
映画化決定!
公務員攻撃に負けるな!
「生協の白石さん」
生協の白石さん
話題のブログ本、白石さんの誠実な回答姿勢がグッドです。
「約束」
「約束」
石田衣良の「泣かせる」短編集。ひたすら泣けます!僕は1行目を読んだだけでストーリーを思い出して泣けてしまいます。


電車男
電車男
いわずと知れた、超有名ラブストーリー。ドラマ始まりましたね、主役の伊藤淳史君が最高!


アキハバラ@DEEP
アキハバラ@DEEP
石田衣良さんが「IT革命」を書いたら、こんなにステキな人間ドラマになっちゃいました。



偽造証券
偽造証券
サスペンス仕立てな経済小説で、ストーリーも飽きさせず、経済の勉強にもなる。そして、お金ではなく人間が描かれているのが良い。


党綱領の理論上の突破点について
党綱領の理論上の突破点について
不破議長の著作は、これからどんどん紹介しますよ!

いまこの世界をどう見るか―アジア・アフリカ・ラテンアメリカ
いまこの世界をどう見るか―アジア・アフリカ・ラテンアメリカ
 4月9日におこなった表題の講演が、さっそく本になりました。読めば元気になる一冊です。


『資本論』全三部を読む〈第1冊〉代々木『資本論』ゼミナール・講義集
『資本論』全三部を読む〈第1冊〉代々木『資本論』ゼミナール・講義集
この本は7冊セットです。僕もまだ読み途中です(^-^;)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スカイプID kobakoba3

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。