プロフィール

コバコバ

Author:コバコバ
 京都在住、日本共産党の若手専従活動家のコバコバです。
メールは→ko-b@goo.jpへお願いします。

ただいまのログイン状態は
   ↓
My status

FC2カウンター

2006/11/8~

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

 FC2は広告スパムのコメント・トラバがものすごく多いので、コメント・トラバはいったん保留する設定にしてますが、なるべく早く承認・表示しますのでご容赦下さい。  なお「日共」は禁止ワード設定してます。  「日本共産党」と正式名称でお書き下さい。


人気ブログランキング参戦中!

9条守ろう!ブロガーズリンクを応援しています

Basic Calendar

<03 | 2017/04 | 05>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2アフィリエイト

FC2ブログジャンキー

京さん党宣言
「日本の夜明けは京都から!」京都在住・日本共産党・若手専従活動家のコバコバが、日本と京都の政治・経済について語る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無謀にも内田先生とdankogaiさんの論争に首を突っ込んでみる

まずはこれ

一部を引用

(毎日新聞の) 社説はこう続く。
「こんな時代(=大学が合併する時代)になったのは、少子化が進んだためだけではないのだ。大学教育の『質の低下』という積年の、 本質的な問題がある。(・・・) 経済成長や基準緩和の中で増え続けた大学(06年度学校基本調査で、国立87校、公立89,私立568) は、今、適当な校数へのスリム化が課題なのではなく、真に高等教育の機関として機能しているか、内実を問われているのだ。 この根本的な論議を避け、問題を先送りにし、大学の数を減らすだけなら、大学教育そのものが無用とされる時代を招来しかねない。」
この部分だけを読むと、大学生の学力低下は主として大学の責任であると解されかねない。
これは現場の人間としてはいささか異議のあるところである。
どの大学でも、あっと驚くような学力の新入生を迎えて仰天している。
「いったい高校まで何をやっていたんだ・・・」と責任を転嫁してもしかたがないから、中等教育の分の「おさらい」から導入教育(補習ですね) をしている。
四月からの授業とあまりにレベル差があるので、入学前の三月から補習を始めている大学もある。
「新入生の学力」が低いのはどう考えても「大学の責任」ではない。
「だったらそんな学力の低い学生を大学に入れるな」というご意見もあろうかと思う。
なるほど。
だが、その「低い学力」の子どもたちが、それ以上の教育機会を与えられぬまま社会に送り出されることで、 日本社会がどのような利益を得ることになるのか、まずそれをご説明願いたい。
話はそのあとだ。

これに対して、アルファーブロガーのdankogaiさんがこう反論

404 Blog Not Found ー 学力って本当に低下しているのだろうか?

これも一部を引用

「学力が低下しているのはなぜだ」 という設問が成り立つためには、当然「学力は低下している」ことが成り立っているというのが大前提なのだけど、 それは果たして本当なのだろうか?
私の「体感」では、学力はちっとも下がっていないどころか、格段に向上している。
しかしそれを語る前に、まず「学力」をきちんと定義しておかなければならないだろう。
私にとっての「学力」の定義は、読んで字のごとく「学ぶ力」、すなわち「わからなかったことをわかるようにする力」だ。はじめから 「わかっている」必要は全くない。極端な話、何も知らなくても、誰に聞いたらわかるのかを知っている人の学力は、 8割のことを知っていても残りの2割を誰に聞いたらいいのかわからない人よりもずっと学力は高いのだ。
人類の「学力」というのは、「自分で覚えている」から、「自分は忘れてもいいから誰か/何かにおぼえてもらって、 おぼえている人/ものの居場所だけおぼえておく」という進化の流れの中にずっといた。話し言葉から書き言葉。写経から活版。会話から電話。 そしてインターネットと検索エンジン....人類の学力というのはおよそ下がったなどないようにすら思える。
それでは、話を「人類」ではなく「日本人」、そして時代をせいぜい20年ぐらいに絞った場合はどうか? やはり学力は格段に上がっているとしか思えない。特に「Web以前」と「Web後」、そして「Google以前」と「Google後」 では革命的な学力の向上が見られる。

 どうも、かみ合っていないように感じる。
 まず前提として、今の高校生にとっての大学入試を巡る状況がどう変化したかということを紹介

 コバコバが高校を卒業した平成5年と、平成17年の18歳人口&大学定員数を比較してみる

       18歳人口  4年生大学の定員

平成5年  198万人      55万人
平成17年 133万人      60万人

 ようするに、18歳の春に大学進学を希望しても、 4人に1人しか入学出来なかった時代からほんの干支を一回りしただけで2人に1人が入学出来る時代になっちゃった。
 しかも、この間の社会情勢の変化は、「4年生大学への進学」=「将来の安定」という時代から、 むしろそこそこの学力なら大学に行くよりも手に職をつけた方が良いという社会に変化してきた。
 しかも、私大の高学費化はますます加速し、入学出来る学力がありながら泣く泣く進学をあきらめる18歳が急増した。(不況の影響も大きい! )

 つまり、12年前なら基礎学力を測る物差しとして重宝した「偏差値」の上から4分の1だけをうけいれて入れば良かった大学が、 上から半分どころか半分より上の18歳のかなりの部分に逃げられ、 おなじく相当数の半分より下の基礎学力しか身につけていない高校生をうけ入れ無くては定足数を満たせなくなったという事態が進行したということなのだろうと思う。

 だから、内田先生の指摘するように「新入生の学力低下」は内田先生にとっては事実だが、 それは18歳人口全体の学力低下を意味するわけではなく、内田先生の大学に入学する「層」が低位な学力しか身につけていない「層」 に遷移しただけの話なのだ。

 ということで、自分の経験を一般化し「1億総低学力時代」などと嘆く内田先生には「今までなら就職か専門学校に行っていたような 『大学が切り捨てていた層』を教育する機会を与えられたのだから、日本人全体の学力向上にこれほど貢献出来る話は無いじゃないですか♪」 と明るく励まして上げたい。
 だって内田先生はご自分で「『低い学力』の子どもたちが、それ以上の教育機会を与えられぬまま社会に送り出されることで、 日本社会がどのような利益を得ることになるのか、まずそれをご説明願いたい」なんて、とても立派なことを言っておられるのですから。

 

 翻って、dankogaiさんの指摘するように、全体としての学力向上があったのか?というと、、、それも甚だ疑問ではある。
 「Web以前」と「Web後」、そして「Google以前」と「Google後」 と、dankogaiさんはwebの登場を持ち上げてみせるが、 そのwebの利用者が増えたらみんなが必要な知識に到達できるのか?なるほど、 確かに一昔前ならたどり着くのに週末の図書館訪問を待たなければいけなかった知識が、 googleさんにものの0コンマ数秒で教えてもらえるようになったわけで、 学校を卒業した社会人が学習をする機会は格段に増えたのは間違いない。
 しかし僕の実感では、今まではメモ帳にでも書いて忘れないようにし無くちゃいけなかった知識が「いつでもwebで調べられるからいいや」 と、ドンドン忘れ去る習慣が身に付いてしまったという気もする。
 さらに、もし仮にgoogleさんの教えたサイトが間違っていたら?

 そんな時に正しい情報を選べるかどうかを養うのが「メディアリテラシー」ってことなんだろうけど、結局その「メディアリテラシー」 も基礎学力の土台があってこそだ。信頼に足る「教科書」や「教師の教え」という情報を「憶えておいて」「必要なときに引き出せる」 能力を前提にしなくちゃいけないわけだ。
 (その肝心の『教科書』『教師』が怪しくなりつつあるという問題は、ここでは触れない)

 ということで、来年には希望者全員大学入学の「大学全入時代」に突入するわけだが。しかし、 一方で経済的な問題で入学可能な学力を身につけながら進学をあきらめる18歳がうみ出される現実は、 社会全体の学力向上にマイナスである事は間違いない。
 また、webの進化に遭わせた「新しい学力の形」を教育界がしっかり提起しない事には「教師をgoogleか何かと勘違いして 『辞書を引きなさい』と言われたら『じゃあ別の先生に聞きます』と言う生徒(そしてそれを嘆くだけのダメ教師)」 はますます増える一方だろう。
 (「それを知りたければ、googleに『○○』と『●×』のクエリーを渡して、 なるべく信頼の置けそうなwebページを読みなさい。信頼の置けるページの見分け方は3週間前に授業で教えたよね?」なんて回答する教師は、 今でもいないだろうな~w)

 と言うことで、無謀にも内田先生とdankogaiさんに、このエントリーをトラックバックしてみる。
 コバコバの浅はかな論立てにどんな突っ込みが入ることか、、、

kobakoba the thoughtless Man
(↑最後はdankogaiさんの真似w)

学力低下につながる格差社会反対! 応援ヨロシク! ⇒

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

駄文ですが、トラックバックを3本いたしました。いい人とマイミクになれたようです。
【2006/11/24 00:54】 URL | Stephen Crain #59KKAfec [ 編集]


>Stephen Crainさん
 ちょっwww、凄い長文!
 コメント欄に書くのはもったいないですよ♪ご自身のブログにエントリーなさった方が、、、
 内容的には現場からの告発ってのはやはり説得力ありますね。
【2006/11/24 00:52】 URL | コバコバ #- [ 編集]


国連の指摘は、学校以外の塾や予備校の存在を指しているのでしょう。日本はILOからも指導、勧告が入る国なのですよ。正常な国ではありません。よく韓国の受験戦争を比較論に出す人がいますが、韓国は勉強している。しかし、日本は、学校は崩壊、塾、予備校も現在はそれに続いている。子供は無為に時間を過ごしているに等しい。エリート層は中学受験を目指す。とすると、やはり、中学受験塾が小さなパイで加熱している。そのあたりを指しているのではないでしょうか。
【2006/11/24 00:43】 URL | Stephen Crain #59KKAfec [ 編集]


学校教育法1条の「教育現場」ではありませんが、初等中等教育の現場におります。寺脇研による米国で失敗済みの教育導入に小泉+竹中が油を注ぎ、炎上させてしまった初等、中等教育の場をしらずして、この問題を語ることは、共産党が政権を取ると、金正日が日本を支配すると主張するのに等しい程度の暴論です。もはや、この国の初等、中等教育は公立学校においては機能しておりません。そこにあるのは、子供である状態から卒業できていない発達課題未消化の母親と、その背中を見て育った子供。これは、自己中心的な要求を吐くことしか致しません。絵に描いた餅である労働三法、特に罰則がないに等しい労働基準法を無視し続けた結果、人間的成長と成熟の機会すら与えられなかった父親たち。そういった社会の縮図としての初等中等教区の現場の惨状があります。ロイド=ジョージのクーポン選挙が通用するほどの頭しか持たぬ我が国の有権者は、まだ安部教育内閣などと抜かしていますが、美しい国の教育は、サッチャリズムの猿まねです。また、第2の寺脇研です。当のイギリスでは、学力テストに振り回され、落ちこぼれとなった公立学校が1300校近くあり、校長は空席、新聞の求人欄で募集が続いている有様です。ご存知の通り、イギリスのエリートは、私立の進学校に行き、オックスフォードかケンブリッジです。ブレアもです。しかし、ブレアの子供はだめでした。アメリカでは、もっと悲惨ですね。さっみいったいの改革の結果、自治体そのものに格差があることが肯定されていますから、教育自体成立しないような凶悪地区があることは報道の通り、また、いくつかの州では、良質の教育を求める親の要求に応じて、「バウチャー」を発行し、私立学校へ行かせています。アメリカも、エリートはプレップと呼ばれる私立の進学校へゆき、その後、アイビーリーグです。日本も、エリートは、灘、甲陽、東大寺学園、洛南、大阪星光などへ行き、東大、京大ですね。だから、結果は今の英国を見れば分かるのです。正に、第2の寺脇研をやろうとしており、国民は、愚かにも、何度も同じ間違いをするのです。そのような現状があります。初等中等教育において、早期に30名以下のクラスサイズを実現することと、中川政調会長発言(「日教組教員は免許剥奪」と毎日新聞にありました)のような、それこそ、イデオロギーによる帝国主義教育路線をやめるべきです。東京都の石原慎太郎塾もやめるべきだし、埼玉県の上田知事が埼玉版「慎太郎塾」であいさつしたようですが、そういう政治が教育を支配する発想そのものをやめるべきです。30人以下のクラスサイズで、現行の教員ができれば、チームティーチング体制をとり、教えた方が救いがあります。そうでなければ、大学教育は東大、京大以外では崩壊してしまいます。
【2006/11/24 00:38】 URL | Stephen Crain #59KKAfec [ 編集]


>全員入学するという前提の上ではげしいランク付けが行われているということでしょうか。

 まさにその通り。
 底辺層どころか中堅どころの大学でも、まともな就職先が無いという現実は、僕らよりも18歳の方がよっぽどシビアに知っている。
 さらによく知っているのはそういう年頃の子供を持つ母親や学校の教師。
 競争は今でも過度に、しかもより低年齢化しているというのは事実だと思います
【2006/11/23 23:38】 URL | コバコバ #- [ 編集]

質問が
なるほど・・・と読み進めましたが、そうなると日本の受験競争はそんなにはげしくないということか??しかし、国連からは過度に競争的な教育制度と批判されている現実をどうみればいいでんしょうか?全員入学するという前提の上ではげしいランク付けが行われているということでしょうか。
【2006/11/23 23:32】 URL | とが #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://koba3.blog81.fc2.com/tb.php/56-73119bb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

能力をめぐる向上と退化

一億総学力低下時代 (内田樹の研究室) 子どもたちの学力低下について「誰の責任だ」と凄んでみせる資格のある人間は日本には一人もいない。 に対して 私の「体感」では、学力はちっとも下がっていないどころか、格段に向上し La Pensee【2006/11/26 10:24】

自己撞着する内田樹教授

わたくしが「曜」とゆう漢字を「日へんにふるとりの上に羽」小学校で教わったのである。これは記憶に間違いがない。しかし同級生はふるとりの上はヨヨ(ギャル文字みたいですみません)だよ、おまえが古い教育を受けたのだ、そうに違いないと論争になったことがあった。たい 非日乗的日乗inowe社長blog【2006/11/24 22:06】

簡単なことです

一億総学力低下時代だが、その「低い学力」の子どもたちが、それ以上の教育機会を与えられぬまま社会に送り出されることで、日本社会がどのような利益を得ることになるのか、まずそれをご説明願いたい。お答えしましょ Kazu'Sの戯言Blog(新館)【2006/11/24 04:15】

学力ってなんじゃらほい

学力って本当に低下しているのだろうか? (404 Blog Not Found さま)こりゃまた、随分とかっとんだ意見だなぁ。。。同意できる部分もあるっちゃあるけど、必要な知識を求める為に Web 国民宿舎はらぺこ 大浴場【2006/11/24 02:23】

「独裁者」「イマジン」「第九」「日本国憲法」

今日はこの記事に尽きる「大津留公彦のブログ2」さんのブログ で紹介された、チャップリンの「独裁者」の最後のチャップリン自身の演説と言って良い7分間の演説。これをユーチューブという機能で見ることができる映画「 ポラリス-ある日本共産党支部のブログ【2006/11/24 01:51】

意識の変化

小泉内閣が誕生する前は、殺人事件は大ニュースだった。 小泉政権が誕生する前は、政治の汚職は大事件だった。 小泉内閣が誕生する前は、自殺は年間3万人以上なんてことはなかった。 小泉内閣が誕生する前は、命はmoneyより価値があった。 小泉内閣が誕生する前は、中学、 NN2006の日記【2006/11/24 01:13】

新自由主義教育 / Educaton based on neoliberalism

報道によれば、東京都足立区では、区立の小中学校に配分する予算の一部について、都と区が実施する学力テストの生成になどに応じて、差を付ける方針を固めたという。 これは、先に、私がブログに書いたこと(http://blog.livedoor.jp/holden2006/?blog_id=1933053)が皮肉 NN2006の日記【2006/11/24 01:13】

学習塾業界再編(日経ビジネス)

購読している毎日新聞でも読んだ話題であったが、今週の日経ビジネスにまとめ記事が出ていた。 ポイントを整理してみよう。 1 未履修問題が予備校業界へも影響・・・春休みに「補習」をやる関係で、浪人生市場の春期講習などに影響がある 2 今後は「まじめ」に履修させ NN2006の日記【2006/11/24 00:51】

教育再生????????

今回のテーマ「教育再生」とは?安部総理が進める政策の中に、教育改革がある。今回は、それについて検証を行う。大まかに次の5点がその柱となると考えられる。今はとくに、5について検証を行う。理由は、安部氏の演説や、日本の保守系マスコミの報道に目を通す限.... 教育・社会・生活【2006/11/24 00:49】

日本の教育の現状

今日本の教育は大きな岐路に立たされています。次期総理大臣とされる安部晋三氏は教育バウチャーというものを導入することを口にしています。アメリカの教育に少しでも興味がある人は聞いたことがあるものだと思います。これは、経済的事情で、私立校に通えない人が州から.. 教育・社会・生活【2006/11/24 00:49】
ブログ内検索

 
Web koba3.blog81.fc2.com

RSSフィード

おすすめ商品!





コバコバお薦めの本


ダ・ヴィンチ・コード
キリスト教についてのウンチクがタップリ。

私の戦後六〇年 日本共産党議長の証言
平易で読みやすい、党外の人に読んでほしい。

県庁の星
映画化決定!
公務員攻撃に負けるな!
「生協の白石さん」
生協の白石さん
話題のブログ本、白石さんの誠実な回答姿勢がグッドです。
「約束」
「約束」
石田衣良の「泣かせる」短編集。ひたすら泣けます!僕は1行目を読んだだけでストーリーを思い出して泣けてしまいます。


電車男
電車男
いわずと知れた、超有名ラブストーリー。ドラマ始まりましたね、主役の伊藤淳史君が最高!


アキハバラ@DEEP
アキハバラ@DEEP
石田衣良さんが「IT革命」を書いたら、こんなにステキな人間ドラマになっちゃいました。



偽造証券
偽造証券
サスペンス仕立てな経済小説で、ストーリーも飽きさせず、経済の勉強にもなる。そして、お金ではなく人間が描かれているのが良い。


党綱領の理論上の突破点について
党綱領の理論上の突破点について
不破議長の著作は、これからどんどん紹介しますよ!

いまこの世界をどう見るか―アジア・アフリカ・ラテンアメリカ
いまこの世界をどう見るか―アジア・アフリカ・ラテンアメリカ
 4月9日におこなった表題の講演が、さっそく本になりました。読めば元気になる一冊です。


『資本論』全三部を読む〈第1冊〉代々木『資本論』ゼミナール・講義集
『資本論』全三部を読む〈第1冊〉代々木『資本論』ゼミナール・講義集
この本は7冊セットです。僕もまだ読み途中です(^-^;)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スカイプID kobakoba3

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。