プロフィール

コバコバ

Author:コバコバ
 京都在住、日本共産党の若手専従活動家のコバコバです。
メールは→ko-b@goo.jpへお願いします。

ただいまのログイン状態は
   ↓
My status

FC2カウンター

2006/11/8~

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

 FC2は広告スパムのコメント・トラバがものすごく多いので、コメント・トラバはいったん保留する設定にしてますが、なるべく早く承認・表示しますのでご容赦下さい。  なお「日共」は禁止ワード設定してます。  「日本共産党」と正式名称でお書き下さい。


人気ブログランキング参戦中!

9条守ろう!ブロガーズリンクを応援しています

Basic Calendar

<04 | 2017/05 | 06>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2アフィリエイト

FC2ブログジャンキー

京さん党宣言
「日本の夜明けは京都から!」京都在住・日本共産党・若手専従活動家のコバコバが、日本と京都の政治・経済について語る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硫黄島からの手紙
栗林忠道 硫黄島からの手紙

文藝春秋

このアイテムの詳細を見る

 実に2年ぶりで映画館に映画を見に行きました。
 やっぱり映画館の大画面と大音響はイイですネ!

 映画タイトル:硫黄島からの手紙
 初公開年月 :2006/12/09
 監督:クリント・イーストウッド
 脚本:アイリス・ヤマシタ
 出演:渡辺謙  二宮和也  伊原剛志 加瀬亮  中村獅童 他

 ストーリーは、1944年6月、硫黄島に渡辺謙の扮する、栗林中将が上陸するところからはじまる。
 戦況が悪化の一途をたどる中、本土防衛の最後の砦ともいうべき硫黄島。それまでの場当たり的な作戦をあらためて、 部下に対する理不尽な体罰なども厳禁、古参の指揮官が連合艦隊の壊滅という情報に接して「こんな島上陸されたらひとたまりも無い、 せめて潔く玉砕するべきだ」等と無責任な発言をするのに対して、 一日でも長く米軍を足止めするために最も合理的な作戦をするべしと考えた栗林中将は、従来の常識にはとらわれないやり方で、 一部の指揮官からは反発されつつも、頼もしい理解者(西竹一男爵)や、 新しい合理的な指揮方針のもとで信頼をかちとった兵士達の支えもあって、後に米軍からも高く評価されるほどに、 これまでの日本軍と比べればはるかに効果的に米軍への抵抗(まぁ足止めにしか過ぎないんだが)を行うこととなるのだが・・・

 実際の史実でも、米軍の目論見では5日間で完遂させるはずだった硫黄島攻略作戦は、目論見を大きく外れて38日間の長きにおよび、 日本側の戦死者数は20,933名の守備兵力のうち20,129名、アメリカ側は約三倍の兵力、 物資面でも圧倒していたにもかかわらず戦死6,821名、戦傷21,865名の損害と、 兵力で比較すればアメリカ軍地上部隊の損害が日本軍の損害を上回った唯一の戦闘となったのがこの硫黄島のたたかいだったわけなんだな。

 映画では、渡辺謙の扮する、栗林中将が上陸直後に、 上官から体罰を受ける西郷君(二宮って言うジャニ・タレ)を「マアマア、無駄に体力使うな、昼食抜きぐらいで許してやれ」などと、 のっけからカッコよく登場する。

 でもって「アメリカの車の生産台数は知ってますか?年間500万台ですよ。海岸線なんかひとたまりも無い。無意味だ」 などと言い放ち、海岸線に塹壕を掘っている作業を中止させてしまうあたりもこれまたカッコいい。

 そんな栗林のやり方に反発をする古参の指揮官の「狂いっぷり」がこれまた強烈に描写される。
 とくに壮絶なのは擂鉢山(すりばちやま)が陥落したときに、生き残った兵士に対して、栗林は残った物資を回収し、 北部の部隊に合流するように命令を出すのだが、命令を受けた指揮官はそれを無視して自分の部下に対して、玉砕 (=敵を足止めするためにはまったく無意味な手榴弾による自殺)を命ずる。 たまたま栗林の無線を立ち聞きした兵士が自殺をためらった仲間に呼びかけて、北部の部隊に合流するのだけど、合流先にはこれまた 「クレージーな指揮官(=中村獅童)」がいて、「何で自決しないで逃げてきた!今ここで俺が殺す!!」と、制裁 (=敵を足止めするためにはまったく無意味な殺人)を加えようとする。

 で結局、中村獅童の守備する陣地もあっという間に敵に囲まれちゃうんだけど、中村獅童がいわゆる「万歳攻撃」 に打って出ようとするのを、バロン西(=伊原剛志)が止めて、 中村獅童は結局部下をバロン西に預けて一人だけで無謀な突撃に出発しちゃったりする。

 とにかく、全編にわたって米軍の物量が圧倒的に勝っていてその中でよくぞテンションをキープして、ギリギリまで抵抗し続けるための 「志気」を保てるような「指揮」を行った栗林中将をかっこよく描きつつ、戦闘の悲惨さについても強烈に訴えてくれる作品なのだが、、、
 やっぱ、栗林みたいな指揮官は例外的で、無意味な自決や無謀な突撃を強要するような指揮官のほうが多かったんだと思うし、 その栗林中将にしても兵士の95%を死なせるまで戦闘を継続させた指揮官っていう点ではあんまり誉められた話とは思えんかった。

 2万人以上の戦死者を出した戦闘で稼いだ時間がたったの38日ってのは、イラク戦争開始までの「話し合い解決」 のための外交に費やした三年以上の年月と比べてもはるかに犠牲が多くて稼いだ時間は短いと感じる。
 そういう点でやっぱし戦争って無駄で理不尽で悲惨なもんやなぁと感じるのにはイイ映画だと思うが、、、
 
栗林中将的な、あくまでも戦闘を遂行する「作戦としての合理性」や「戦死に『意義』を与えること」を、評価したり、 持ち上げたりすることには違和感を感じずにはいられなかったのでした。

 ってことで、いろいろ考えさせられるっていう点では、いろんな人に見にいってもらって感想を交流したいと思えるイイ映画でした。
 お勧め度は星4つ!(★★★★☆)

 戦争反対! 応援よろしく! ⇒

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
ちびっとだけ映画館に行った気分を
ベッドの上で映画観賞させてもらいました。
【2006/12/30 07:47】 URL | ひとみ #- [ 編集]

硫黄島
 硫黄島の攻略に38日もかかったのは、日本軍の抵抗だというのが一般的だが、
じつは、米軍は、無理に硫黄島を手に入れなくても、当時新鋭のB-29の後続距離からいえば、サイパンからでも本土爆撃ができた。(広島に原爆投下したエノラ・ゲイも)
米軍にしても、ただの無人島の攻略に、何千人もの戦死者をだす地上軍を送り込む必要はなかった。
(兵糧攻めすれば自滅する程度の力しかなかったのが当時の日本軍)

 攻めた米軍にしても、自分の兵士を「消耗品」にしか思っておらず、「硫黄島奪取」の旗印で気勢を上げるための戦い。むしろ、殺戮を平然と行うがためのマインドコントロールのために投入されたんではないか?と思う。攻め方が雑だから、時間もかかってあたりまえ。延々と殺戮を続けたい米軍にとっては、あっさりと降伏や玉砕するより、徹底抗戦してくれたほうがありがたかったかも。
 本気で攻めたら、沖縄を占領するのに2ヶ月半。(これは戦後の支配のために必要だから本気だったと思う)
 しかし、硫黄島の経験のある日本軍は、牛島司令官が降伏せず一人自決したから、終戦まで民間人をまきこんだ戦闘は続いている。こういう「実績」をつくっちゃいかんわ。
【2006/12/13 10:30】 URL | Goldberg #EEOsZA66 [ 編集]


12月10日の赤旗の「潮流」の内容を思い出しますね。クリントイーストウッドの英語は聞き取りにくく私にはよくわかりません。口の中でモゴモゴ言うので、わからない。
この硫黄島の栗林中将のエピソードはかなり有名なお話で、あちこちに書かれていると思います。結構当時の職業軍人にも勉強した人はアメリカをよく知っている。
日中戦争、太平洋戦争、マレーで宣戦布告した対英戦争など世界中を相手に戦った大日本帝国の政策はまともだとは思えない。今の軍事大国アメリカでさえ、「同時に二つの戦争ができる戦力」を保持しているのを誇りにしているくらいなのに、当時の日本は同時に3つ、最終的には4つの戦争を戦っている(本当はもっとあるのかも)。あり得ないと思いますよ。まったくあり得ない。12月8日に東条英機首相は首相官邸で宴会をしたそうですが、そんなめでたいことでもなんでもなかったことを知るにはあまりにもたくさんの証拠や証人がいらっしゃる。
なのに、なぜ、教育基本法の改悪や、憲法の改悪にみんな賛成するのか、私には理解できない。
少しずつ安部内閣の支持率が落ち始めているが、森さんの時のようにならないととても安心できないと思います。
共産党の伝えることに少しでも多くの人が耳を傾けてくれることを祈るのみ。
【2006/12/12 01:32】 URL | なる #59KKAfec [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://koba3.blog81.fc2.com/tb.php/61-6813e587
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

渡辺謙さんと急性骨髄性白血病と硫黄島からの手紙

渡辺謙さんと急性骨髄性白血病と硫黄島からの手紙渡辺謙(わたなべ けん、1959年10月21日 - )は、新潟県北魚沼郡小出町(現、魚沼市)出身の日本の俳優。演劇集団 円を経て2002年より渡辺謙はケイダッシュ所属。身長184cm、体重80kg。血液型はA型。渡辺謙の「謙」の名は出 大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!【2007/01/25 16:17】

硫黄島の星条旗

こんにちは【マミー】です^^ 『硫黄島の星条旗』 著者の父親の生き様にかつての日本人を感じるのはなぜか・・・日本降伏は原爆によって引導をわたされたことになっているが、実態としてはそれ以前に南方での制空権を喪失した時点で、敗戦は確定していたといえ... 家計と暮しの極意【家計と暮しを普通の主婦が極める方法】【2007/01/12 22:39】

日本は硫黄島で2度負けた~「硫黄島からの手紙」

 一部の軍事マニア、元軍人を除いて、どれだけの日本人があの小さな島、硫黄島での激戦に思いをはせてきただろうか。東京都に属するこの島の位置すら、僕らは指し示すことができない。クリント・イーストウッド監督(76歳!)の「硫黄島からの手紙」を観て、というか硫黄 万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記【2006/12/30 17:20】

日本は硫黄島で米国に2回負けた~「硫黄島からの手紙」

 一部の軍事マニア、元軍人を除いて、どれだけの日本人が硫黄島での激戦に思いをはせてきただろうか。東京都に属するこの島の位置すら、僕らは指し示すことができない。クリント・イーストウッド監督(76歳!)の「硫黄島からの手紙」を観て、というか硫黄島2部作をイー 万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記【2006/12/28 17:54】

私の2006年映画ベストテン(1月~12月)

今年見た映画リストとベスト10見た映画リスト***********************01.THE 有頂天ホテル  Comedy02.博士の愛した数式  Human03.フライト・プラン  Mistery04.スタンドアップ(North Country)  Human05.Promise 「無極」  Beauty06.単 観劇レビュー&旅行記と日記【2006/12/24 01:31】

リメンバー・パールハーバー

1941・12・08 真珠湾奇襲攻撃。 これを米軍は事前に知っていたが、地元に知らせず、避難も臨戦態勢もかけず、日本軍に攻撃させた。最新の空母艦隊は「演習」という名目で避難させ、旧式の軍艦と残った軍人、一般の民間人は「奇襲」にさらされた。  知らせなかった理由.. ストップ !! 「第二迷信」【2006/12/16 08:45】

「父親たちの星条旗」 見る価値【大】

クリント・イーストウッドとスティーブン・スピルヴァーグによる、硫黄島の戦闘を描いた「父親たちの星条旗」;FLAGS OF OUR FATHERS を見た。 イラク戦争で、少女のような米軍女性兵士が戦闘中捕らえられて監禁されているのを、米軍の決死隊が突入して救い出し、彼女はイ 観劇レビュー&旅行記と日記【2006/12/14 11:22】

栗林中将は「美化」されて然るべき

クリント・イーストウッド監督、『硫黄島からの手紙』は画期的な映画である。その理由は、いろんなところで書かれているので、ここではいちいちその理由を書かないが、「栗林中将の美化」というテーマで書いてみたい。 Weblog of ЗЧБ(三四郎日記)【2006/12/13 09:45】

『Flags of Our Fathers』と『硫黄島からの手紙』-『硫黄島の戦い』を映す合せ鏡

 一昨日の12月10日、県党会議の帰りにイオンの『TOHO CINEMAS 高知』で『硫黄島からの手紙』を見た。 これに先立つ11月3日には、硫黄島二部作のもう片方『Flags of Our Fathers』を見ており、期待と不安のなか席に着き、上映 コミュニスタ紅星の幡多荘草紙【2006/12/13 01:32】

YouTube動画渡辺謙が「硫黄島からの手紙」で000

これまで、急性骨髄性白血病やその再発、C型肝炎ウィルスの感染といった病をみごとに克服して渡辺謙は現在大活躍中です。 YouTube動画芸能界の000【2006/12/12 13:06】

安部内閣世論調査で支持率減!

毎日新聞社のwebサイトからのニュースです。 ようやく国民の半数程度は、自分たちの暮らしが安部内閣の政策のせいで苦しくなっていることに気付き始めたようです。 ****毎日新聞***** 毎日世論調査:安倍内閣支持率、初めて半数割れ 安倍内閣の支持率の推移  毎 NN2006の日記【2006/12/12 01:16】
ブログ内検索

 
Web koba3.blog81.fc2.com

RSSフィード

おすすめ商品!





コバコバお薦めの本


ダ・ヴィンチ・コード
キリスト教についてのウンチクがタップリ。

私の戦後六〇年 日本共産党議長の証言
平易で読みやすい、党外の人に読んでほしい。

県庁の星
映画化決定!
公務員攻撃に負けるな!
「生協の白石さん」
生協の白石さん
話題のブログ本、白石さんの誠実な回答姿勢がグッドです。
「約束」
「約束」
石田衣良の「泣かせる」短編集。ひたすら泣けます!僕は1行目を読んだだけでストーリーを思い出して泣けてしまいます。


電車男
電車男
いわずと知れた、超有名ラブストーリー。ドラマ始まりましたね、主役の伊藤淳史君が最高!


アキハバラ@DEEP
アキハバラ@DEEP
石田衣良さんが「IT革命」を書いたら、こんなにステキな人間ドラマになっちゃいました。



偽造証券
偽造証券
サスペンス仕立てな経済小説で、ストーリーも飽きさせず、経済の勉強にもなる。そして、お金ではなく人間が描かれているのが良い。


党綱領の理論上の突破点について
党綱領の理論上の突破点について
不破議長の著作は、これからどんどん紹介しますよ!

いまこの世界をどう見るか―アジア・アフリカ・ラテンアメリカ
いまこの世界をどう見るか―アジア・アフリカ・ラテンアメリカ
 4月9日におこなった表題の講演が、さっそく本になりました。読めば元気になる一冊です。


『資本論』全三部を読む〈第1冊〉代々木『資本論』ゼミナール・講義集
『資本論』全三部を読む〈第1冊〉代々木『資本論』ゼミナール・講義集
この本は7冊セットです。僕もまだ読み途中です(^-^;)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スカイプID kobakoba3

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。