プロフィール

コバコバ

Author:コバコバ
 京都在住、日本共産党の若手専従活動家のコバコバです。
メールは→ko-b@goo.jpへお願いします。

ただいまのログイン状態は
   ↓
My status

FC2カウンター

2006/11/8~

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

 FC2は広告スパムのコメント・トラバがものすごく多いので、コメント・トラバはいったん保留する設定にしてますが、なるべく早く承認・表示しますのでご容赦下さい。  なお「日共」は禁止ワード設定してます。  「日本共産党」と正式名称でお書き下さい。


人気ブログランキング参戦中!

9条守ろう!ブロガーズリンクを応援しています

Basic Calendar

<03 | 2017/04 | 05>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2アフィリエイト

FC2ブログジャンキー

京さん党宣言
「日本の夜明けは京都から!」京都在住・日本共産党・若手専従活動家のコバコバが、日本と京都の政治・経済について語る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視点・論点「まん延するニセ社会科学」


 この動画にインスパイアされて、脊髄反射的に創ってみた。
 今は反省している。

ーーーここからーーー

 みなさんは、「ニセ社会科学」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。

 これは、見かけは社会科学のようだけれども、実は、社会科学とはとても言えないもののことで、「新・自由主義」や「市場経済万能論」などとも呼ばれます。

 『そんなものがどこにあるんだ』とお思いの方も、例として、「小泉改革」や、『経済学ってそういうことだったのか委員会』(竹中平蔵・著)などの名前を挙げれば、『ああ、そういうもののことか』と納得されるかもしれません。それとも、かえって、『え?』と驚かれるでしょうか。

 例えば、皆さんもよくご存知のように、『社会主義の国では官僚主義・独裁政治がはびこる』『悪しき平等主義の日本は、最も成功した社会主義国』と盛んに言われ、ひところは大手出版社もこぞって関連書籍を売り出すほどのブームになりました。『日本経済=官僚主導・社会主義』本がよく売れたのは、もちろん、『社会主義=悪しき平等主義』という主張に政治学・経済学的な裏づけがあると信じた人が多かったからでしょう。テレビや雑誌などでも頻繁に取り上げられましたから、それを疑えという方が無理な話かもしれません。

 しかし、実は、『ソ連社会は社会主義国』『日本のような一億総中流社会は、最も成功した社会主義社会』であるという社会科学的な根拠は、ほぼない、といってよいのです。あのブームは、まったくの空騒ぎでした。大手出版社までが、なぜ、その空騒ぎに乗ってしまったのか。きちんと検証しておく必要があります。

 いまは、新自由主義、すなわち市場競争にすべてを委ねることが経済の発展に最も有効であるという論説に、人気が出てきているようです。しかし、実のところ、新自由主義と言っても競争に勝ち残れるのはごく一部の大企業・大資産家だけですから、経済の主役である個人消費の担い手の多くの労働者はかえって困らせてしまい、せいぜい一部の人々をほんの少し豊かにする程度の効果しか期待できません。

 いま、このような、社会科学のようで社会科学ではない、「ニセ社会科学」が蔓延しています。

 こういった「ニセ社会科学」のなかに、しつけや道徳に関わるものがあります。その話をしたいと思います。

 よく知られている例の一つは、『戦後の民主主義教育が子供のイジメや非行を招いた』といういわゆる「教育基本法=悪」説です。しかし、この説に、社会科学的に信頼しうる根拠はないのです。その意味で、これもまた「ニセ社会科学」です。

 もちろん、どんな教育論でもすべての子供を東大に入学させることができるわけではありませんから、どこかに限界はあるでしょう。しかし、それだけなら、新しい歴史教科書でお勉強してもも同じです。教育基本法が学力低下の原因かどうかとは、まったく別の話なのです。

 ところが、この説は、与党政治家や教育委員会関係者に広く受け入れられています。全国各地で、教育問題タウンミーティングや藤岡某氏の講演会が開かれているようです。

 もちろん、イジメや非行、学力低下を問題だと思う人は多いでしょうし、子供を持つ保護者の多くはそういう風潮を何とかしたいと思っているのでしょう。

 そういうみなさんにとって、「教育基本法=悪」説が一見、福音に思えたことは分かりますが、社会科学的根拠のないものに飛びついても、仕方がありません。

 そもそも、イジメ問題を何とかしたいというのは、子供のシツケの問題ではなく、イジメ問題が起こるような子供にストレスを与える教育環境や、イジメの発生を把握できない教員配置の少なさの問題だったはずです。まして、イジメによる自殺が頻発するのが困ると考えるなら、子供をとりまく競争的な環境環境をなくすことや、教師の目の届く範囲に子供の数を制限する=30人学級を実現するべきでしょう。教育基本法を引き合いに出そうとしてはいけません。

 もう一つ、今度は、「格差社会」にまつわる奇妙な説を紹介しましょう。

 労働者の賃金に格差をつけると、競争によるインセンティブが与えられ豊かになり、同一労働同一賃金を支払うと、競争のインセンティブが減退し貧乏になってしまうというのです。

 賃金というのは労働者の所得のことですから、これは、不公平な処遇をすれば、労働者が意欲をもって働くようになり豊かになるという主張です。しかし、もちろん、そんな馬鹿なことはありません。

 派遣労働者も正規雇用の労働者も、さらに取締役会に参画する経営者も同じ人間です。雇用形態がどうであるかは、同じ労働をしていれば、生み出す「価値」に違いはありません。『汗水流して働くことより、マネーゲームで儲ける奴のほうが、高い収入を得て当然』など、いい大人が信じるような話ではなかったはずです。ところが、これが広く信じられています。「ほりえもん」さんという有名人が『この世にお金で買えないものはない』といわれると、それだけで、『それはそうだ』だと思い込んでしまう人は、意外に多いらしいのです。

 この説が、いくつもの企業で、賃金抑制の材料として使われていることが問題になっています。滅私奉公を教えるのに、格好の教材と思われたようです。

 しかし、本当にそうでしょうか。

 この学説は、たくさんの問題をはらんでいます。

 まず第一に、明らかに社会科学的に誤っています。「社会主義は時代遅れ」が言われる今、「国際競争力をつけるのが大事」だからといって、ここまで非社会科学的な話を、事実であるかのように教えていいはずがありません。

 しかし、それ以上に問題なのは、労働者の賃金を、労働者の生活を保障することよりも、個別の企業の利益の最大化と株主への利益配当を優先するように求めようとしていることです。

 賃金は、価値を生み出す労働の対価ですから、その決定は、あくまでも、価値に見合った水準を考えなくてはならないはずです。働いていない株主に、汗水流して働いて実際に価値を生み出している労働者よりも高い配当を払うべきなのか。それを考えてみれば、この話のおかしさは分かるはずです。

 「新しい教科書をつくる会」が「様々な教育問題」の根拠を「戦後民主主義の問題」に求めるものだったのと同様、ここでは、格差社会がもたらした貧困の問題の根拠を「日本経済が中間所得総を大事にしすぎた」ことに求めようとしています。それは大企業・大資産家によるデマゴギーです。

 「格差社会」も「様々な教育問題」も、戦後一貫して政権を担い続けた保守政治家=現時点では自民党・公明党の責任であって、戦後民主主義や労働組合運動に責任を押し付ける筋合いはないはずです。

 さて、「ニセ社会科学」が受け入れられるのは、社会問題を解決してくれるように見えるからです。つまり、ニセ社会科学を信じる人たちは、社会科学が嫌いなのでも、社会科学に不審を抱いているのでもない、むしろ、社会科学を信頼しているからこそ、信じるわけです。

 たとえば、新自由主義がブームになったのは、『政府による規制よりも市場競争にゆだねた方が、経済は発展する』という説明を多くの人が「社会科学的知識」として受け入れたからです。

 しかし、仮に、誠実な政治家に、『市場競争は経済の発展にいいのですか』とたずねてみても、そのような単純な二分法では答えてくれないはずです。

 『市場競争といってもいろいろな側面があるので、中には経済にいいものも悪いものもあるでしょうし、経済にいいといっても分野によってはなにか悪いことも起きるでしょうし、ぶつぶつ……』と、まあ、歯切れの悪い答えしか返ってこないでしょう。

 それが政治家的な誠実さだからしょうがないのです。

 ところが「ニセ社会科学」は断言してくれます。

 『市場競争は良いといったら良いし、政府による介入は悪いといったら悪いのです。また、平等な処遇なぜ良くないのかといえば、競争を阻害するからです。ワーキングプアーの賃金を生活保護水準以下に引き下げれば、生きるために必死に働く労働者が増え、国際競争力が高まるから、良い傾向なのです。』

 このように、「ニセ社会科学」は実に小気味よく、物事に白黒を付けてくれます。この思い切りの良さは、本当の社会科学を身につけた政治家には決して期待できないものです。

 しかし、パブリックイメージとしての政治家は、むしろ、こちらなのかもしれません。『政治家とは、様々な問題に対して、曖昧さなく白黒はっきりつけるもの』政治家のあるべき姿とはそういうイメージが浸透しているのではないでしょうか。

 そうだとすると、「ニセ社会科学」を信奉する政治家は真面目な政治家よりも政治家らしく見えているのかもしれません。

 たしかに、なんでもかんでも単純な二分法で割り切れるなら簡単でしょう。しかし、残念ながら、政治の世界はそれほど単純にはできていません。その単純ではない部分をきちんと考えていくことこそが、重要だったはずです。そして、それを考えるのが、本来の「合理的思考」であり「政治判断」なのです。二分法は、デマゴギーに他なりません。

 「ニセ社会科学」に限らず、自民党か民主党かといった2大政党論的思考で、政権交代だけを求める風潮が、社会に蔓延しつつあるように思います。そうではなく、私たちは、『合理的な思考のプロセス』『それに基づく投票行動』それを大事にするべきだとおもうのです。

ーーーここまでーーー

 読み直しもせずに一気に書いちゃいました。
 ツッコミをくれるのは嬉しいんですが、師走の忙しさでまともな返答が出来ないかもしれませんのであしからずw


スポンサーサイト

この記事に対するコメント
塩川伸明―読書ノート
ソーカル、ブリクモン『知の欺瞞――ポストモダン思想における科学の濫用』
http://www.j.u-tokyo.ac.jp/~shiokawa/ongoing/books/sokal.htm
【2007/03/13 16:50】 URL | 知の欺瞞 #- [ 編集]

【2007/02/24 14:10】 URL | アクセス禁止 #- [ 編集]


http://coleopteran.seesaa.net/article/33542524.html

ニセ科学批判の自己目的化がまずいのは、批判者やその同調者の「優越感情」が醜いからというより、ネットでの議論が内藤朝雄のいういじめにおける「いま・ここ」の論理に引きずられてしまいがちであり、ニセ科学批判もその例外ではないからだ。
【2007/02/15 14:53】 URL | ニセ科学批判批判 #- [ 編集]

失礼!
パルミーロです。
phon1956さんではなく、pyon1956さんでしたね、失礼しました。
【2007/01/23 20:32】 URL | パルミーロ #rPIJXCiE [ 編集]

ニセ科学とロリア主義
お久しぶりです。パルミーロです。
「ニセ科学」については、『自然の弁証法』の中で、エンゲルスも指摘していたはずです。
「ニセ科学」に引っかかる原因について、エンゲルスは、ズバリ「弁証法の軽視」および「経験重視」を挙げています。この二つが結合すると、対立する経験を統一的に把握することができなくなり、トンデモ「理論」が発生するわけです。
20世紀はじめにも、この問題に取り組んだ人物がいます。それが、イタリア共産党指導者であったアントニオ・グラムシです。当時、アキッレ・ロリアという「自称」マルクス主義経済学者がおり、その人物は、「双眼鏡の値段を下げるために警備員を系統的に殺戮する」だの、「飛行機にトリモチを塗って飛行し、くっつく鳥を食糧にして半永久的に飛び続けることで、労働者を労働から解放する」だの、珍妙奇天烈なる「理論」を吹聴しました。
グラムシは、ロリアを批判することで、いわゆる「トンデモ」理論をも批判したわけですが、結局ニセ科学は、訓練の不足した独学者たちによる、「安易な解決の夢想」であるといえるでしょう。長期的には、解決のために重要なのは、phon1956さんの言われるように、教育なわけです。教育によって、知的無秩序に対する嫌悪感をもつようにしなければならないのです。
最後に、グラムシの言葉を引用しておきます。
「あらゆる虚脱状態は、知的・道徳的無秩序を生む。必要なのは、最悪の恐怖を前にしても絶望せず、馬鹿馬鹿しい言動にも熱狂しないような、節度のある、忍耐強い人間をつくりだすことである。知性のペシミズム、意志のオプティミズム」(『獄中ノート28』、パラグラフ11最後部分)。
【2007/01/23 20:28】 URL | パルミーロ #rPIJXCiE [ 編集]


初めまして!感じていることだったので、一言(多いか?)
いま「経済大国ニッポン」に「ニセ社会科学」をあたかも「学問」のようにふるまく「風潮」が横行している!「ウソとデマと勘違い」「形式論理」と「相対化」論で、どっちもどっち式で、真実を曖昧にしてしまう。ブログの論争をみていると、結構こういう意識の国民が多い。国民意識が多様化したのかもしれないが、いわゆる昔風にいうと「理論思想闘争」を量的にも質的にも展開していかないといかんなぁ~と思う。それも論破型ではなく、かみ合うような論争・対話って言った方が良いのかも知れないけどね。新鮮で柔軟で原則的にってとことかな?書店にいくと、それが目に余る!現在の日本の思想・思潮の分析が急務だね。
【2007/01/20 23:28】 URL | コミュニスト #- [ 編集]


コバコバさんの問題提起を興味をもって読ませていただきました。
私もコバコバさんのおっしゃることに同感です。
思うに
・『ソ連社会は社会主義国』『日本のような一億総中流社会は、最も成功した社会主義社会』であるという社会科学的な根拠は、ほぼない、といってよいのです。あのブームは、まったくの空騒ぎでした。
・大手出版社までが、なぜ、その空騒ぎに乗ってしまったのか。きちんと検証しておく必要があります。

ということを考えて見ますと、戦後世界を覆ってきた、ソ連体制とそれに対応したケインズ主義的な社会福祉国家がともに破綻したということではないでしょうか?ソ連破綻はちょっとおいときますが、後者の社会福祉国家の破綻は財政危機にあり、ソ連破綻によってソ連や社会主義運動に対する防衛としての社会保障-国家独占資本主義的諸政策が必要ではなくなったという判断を国家がしてきたことが、再びレーガノミクス的新自由主義を招いているのではないかということです。そのうえで落ちこぼれる階層に対しては、自己責任がかつては叫ばれ、今では新保守主義や愛国心で反逆しないよう抑えていくということでしょう。しかも、社会保障の切捨ては、「思いやりのある保守主義」で誤魔化されようとしている。これが実態ではないでしょうか?そのおためごかしとして、ソ連の破綻をあげつつ、資本主義国家もまた「戦後体制は社会主義」でありそれらが破綻してきたといいなしているというわけです。これらの言説はニセモノだと断定されるコバコバさんの洞察力はさすがです。こうした言説は、社会保障切捨てで困る民衆をなんとか黙らせるために編み出したブルジョア学者たちの詭弁だということでしょう。
【2007/01/12 12:17】 URL | 日本国憲法擁護連合 #YmM3ycEw [ 編集]

まだ、ものすご~く忙しいんでしょうか。
なかなか次がでませんね。体でもこわしてないかと、心配しています。一日一日忙しいのは忙しいでしょうが。
【2007/01/09 03:49】 URL | ひとみ #- [ 編集]

ニセ社会科学を喧伝する新聞社
はじめまして。new-eraと申します。
TBもさせていただきました。

私のBlogでも書きましたが、今年の産経新聞【年頭の主張】でもコバコバさんの書かれた「ニセ社会科学」の宣伝に一役かったかのような【主張】が展開されています。
『家族の絆』とか『共同体の再生』とか耳障りの良い言葉が並んでいますが、イジメ問題や未履修問題等最近の教育現場での否定的問題の原因が教育基本法であるかのように誘導されるような論が展開されています。「教育基本法=悪」説の流布ですね。
まあ、逆に言えば依然として各方面から批判の的となっている改悪について、いいわけに一生懸命になっていると言う見方もできます。

いずれにしても大新聞、全国紙と言われる新聞が年頭の社説でこんな論を展開しているわけですから、「ニセ社会科学」論者に対抗していくのも根気が必要かもしれません。
【2007/01/06 21:57】 URL | new-era #Ta5/YVCI [ 編集]

平均値
「平均貯蓄が1000万」というとき、1人の人が10億もち、99人が1文無し、
というのが、「100点と0点の平均50点」より近いかも?

ところで、的は「得る」もんじゃなくて、「射る」ものですよ。
     ↓
【2007/01/05 00:09】 URL | 農学部OB #2CpNAWCc [ 編集]

相変わらず難解な
わかるところは、よくわかります。解らないところは「なんかいな?」と、でも楽しみにしています。
【2006/12/30 07:26】 URL | 松尾ひとみ #- [ 編集]


ホワイトカラーエグセンプションが通りそうです。

自民経団連は何を考えているんだ 一党独裁になってきましたね…
【2006/12/29 18:24】 URL | からす #foglHflk [ 編集]

ニセ学問を駆逐するには
うん。そうですねえ。ともかくこういうニセと言うのも恥ずかしいレベルのニセ学問がまん延していますね。

私は数学教師ですけど、よくこういう話をします。

「平均点が50点、というと、普通の人の感想はまあまあかなあ?ですけど、これがまあまあとか言ってられるのは、釣り鐘型のグラフになっている場合だけ。もし100点と0点しかいなくて、これがクラスの半々だったら、即大騒ぎになるはず。でもこの場合も平均は50点。つまり平均を適用する事自体がこの場合無意味」

さて、これ、何かに似ていますね。そう。昨今の「好況」というあれ。
インチキといっても数学的にはこの程度のひどさです。
まして、なぜ古典派経済学が破綻したのか、なんてことを持ち出すまでもなく、この程度のニセモノはちょっと四則計算ができれば、成り立たない事の証明は簡単です。
なのになぜそれがまん延し、かつ一定の影響力を持っているのか。
問題はそこだと思うのです。
むろん権力・金力による大量宣伝は前提ですが、受け入れる側の心理というか、そのあたりにも気になる事があります。香山リカが「スピリチュアルにハマる人、ハマらない人」という本でそのあたりを分析しています。(まあ彼女らしく結論はヘタレですが、参考にはなります)
われわれ、科学者を自負する者は、いままで「誤った言説を論破し、正しい言説をひろめる」ことに従事してきました。
基本はこれで間違っていないと思いますが、ポイントを「論破」よりも「広める」におくことの重要性を感じます。むろん当方にはより深い裏付けが必要であり、教育的、というか相手から疑問や質問を引きだす技が必要ですが。
手間ひまかかりますけどね、やはりそれが本筋でしょう。
あとはいろいろな切り口からの(むろんあまりに突飛なのは困りますが)アプローチでしょうか。
微力ながらmixiや自分のページ・ブログでそういう方向にも向けていろいろ書いています。
【2006/12/28 07:48】 URL | pyon1956 #NPhlPyRE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://koba3.blog81.fc2.com/tb.php/63-b003c06e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

たたらかしい九条の会1周年記念コンサート

「アルゼンチンタンゴへの誘い」たたらかしい九条の会では、創立1周年を記念した「コンサート」を1月20日(土)午後2時から4時過ぎまでにわたり事務局のある、特別老人擁護ホーム「いきいき八田」地域交流スペースで開催しました。「アルゼンチンタンゴへの誘い」と題 9条の会を応援する有志のブログ【2007/01/20 22:42】

興味弾かれた池辺晋一郎さんと志位委員長の対談

作曲家の池辺晋一郎さんと日本共産党の志位委員長が対談しています。しんぶん「赤旗」日曜版1月14日紙上でのことです。音楽(特にクラシック)愛好家の筆者にとっては、とっても興味の引かれる対談でした。冒頭 ポラリス-ある日本共産党支部のブログ【2007/01/17 01:46】

新年会

 最近またしても鬱の症状が悪化してきている。折角去年は調子が良かったのであるが、 アッテンボローの雑記帳【2007/01/14 22:23】

「平和と公正の選択を求めるネットワーク(略称:へいこうせん)」のアピール

★遊牧民★です。以下、宣伝大歓迎!========「平和と公正の選択を求めるネットワーク(略称:へいこうせん)」のアピール(案)「ほっとけない!改憲と増税」平和憲法を活かし、格差社会を公正な社会に変えるために、選挙に行こう! 安倍自公政権は、先の国会で愛 ★遊牧民★のメディア棒読み!【2007/01/12 01:15】

安倍一文字は責任?

abe hitomoji&atilde;?&cent;&atilde;??&atilde;??&atilde;?&shy;&atilde;?&frac14;&atilde;??&aelig;?&frac12;&egrave;&iexcl;?&egrave;?? ranbuちょっと前の話題で恐縮だが、昨年の年末、「今年の漢字」に「命」が選ばれたという。 「命」を大事にする国にするためという 日本国憲法擁護連合~法大OBのブログ【2007/01/11 16:39】

撤去相次ぐ郵貯ATM

 TBSの動画ニュースで郵貯ATMが地方で相次いで撤去されていることが報じられて アッテンボローの雑記帳【2007/01/08 22:58】

産経新聞 お得意の焦点そらし

年頭にあたって各新聞が社説を出したわけだが、「家族の絆」とか「拉致問題」など万人... 今日の出来事【2007/01/06 21:23】

改憲を考えるシリーズ 〓日本国憲法の成立

今年は改憲に向けた動きが激化することでしょう。当ブログでは、戦後民主主義体制とは何か?を探る意味と、その解体を進める側の分析を明確にするために、法学・経済学的領域から掘り下げながら、改憲を考えるシリーズを取り組みたいと考えています。とりわけ、戦後体制を準 日本国憲法擁護連合~法大OBのブログ【2007/01/05 09:52】

新自由主義を日本から締めだそう

いよいよ2007年、選挙の年が来た。 日本人は本当に幸福な未来を持つことができるのかどうかを今年の選挙で自ら決める。 1 新自由主義 自民党が進めている政策は「新自由主義」政策である。 ・アメリカでは、病気になっても、アリコやアフラックなどの民間保険に入っ NN2006の日記【2007/01/01 17:51】

先生の先生[専制?]ゾク編≒「ツッコミガタリンよ、星君!」

与(野)党・マスコミ批判。―「保守」とは何か?に絞って?― (気が向けば、「耐震不足7%?」についても・・?少し・・。) ええ、皆さん今晩は、『ハンシン・タイガーっス~』の『花形ミ・都留・リン』です。ニャハ。 (万札オヤジ=)諭吉の「江戸時代の権力分権」論[ いわいわブレーク【2006/12/30 22:55】

先生の先生[専制?]ゾクゾク編[完] 『殉教者』

または『追悼』の作法? 或いは『笑いの本願!』≒『方法論的自覚?』 ええ、今晩は。今年最後にしたいと思います。このログで多分。 イキナリ言うのもなんですが、都留重人さんも藤田省三氏も故人です。高い志を持った大好きな先達です。でも『いらって』楽しんでいます いわいわブレーク【2006/12/30 22:53】

1万円を4年で100万円にするには

週に1回、売買するだけ。そんな、方法があれば、あなたは興味がありますか。 注目~♪★$$FXで勝ちたい方のみお読み下さい。♪$$★【2006/12/28 14:39】
ブログ内検索

 
Web koba3.blog81.fc2.com

RSSフィード

おすすめ商品!





コバコバお薦めの本


ダ・ヴィンチ・コード
キリスト教についてのウンチクがタップリ。

私の戦後六〇年 日本共産党議長の証言
平易で読みやすい、党外の人に読んでほしい。

県庁の星
映画化決定!
公務員攻撃に負けるな!
「生協の白石さん」
生協の白石さん
話題のブログ本、白石さんの誠実な回答姿勢がグッドです。
「約束」
「約束」
石田衣良の「泣かせる」短編集。ひたすら泣けます!僕は1行目を読んだだけでストーリーを思い出して泣けてしまいます。


電車男
電車男
いわずと知れた、超有名ラブストーリー。ドラマ始まりましたね、主役の伊藤淳史君が最高!


アキハバラ@DEEP
アキハバラ@DEEP
石田衣良さんが「IT革命」を書いたら、こんなにステキな人間ドラマになっちゃいました。



偽造証券
偽造証券
サスペンス仕立てな経済小説で、ストーリーも飽きさせず、経済の勉強にもなる。そして、お金ではなく人間が描かれているのが良い。


党綱領の理論上の突破点について
党綱領の理論上の突破点について
不破議長の著作は、これからどんどん紹介しますよ!

いまこの世界をどう見るか―アジア・アフリカ・ラテンアメリカ
いまこの世界をどう見るか―アジア・アフリカ・ラテンアメリカ
 4月9日におこなった表題の講演が、さっそく本になりました。読めば元気になる一冊です。


『資本論』全三部を読む〈第1冊〉代々木『資本論』ゼミナール・講義集
『資本論』全三部を読む〈第1冊〉代々木『資本論』ゼミナール・講義集
この本は7冊セットです。僕もまだ読み途中です(^-^;)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スカイプID kobakoba3

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。