プロフィール

コバコバ

Author:コバコバ
 京都在住、日本共産党の若手専従活動家のコバコバです。
メールは→ko-b@goo.jpへお願いします。

ただいまのログイン状態は
   ↓
My status

FC2カウンター

2006/11/8~

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

 FC2は広告スパムのコメント・トラバがものすごく多いので、コメント・トラバはいったん保留する設定にしてますが、なるべく早く承認・表示しますのでご容赦下さい。  なお「日共」は禁止ワード設定してます。  「日本共産党」と正式名称でお書き下さい。


人気ブログランキング参戦中!

9条守ろう!ブロガーズリンクを応援しています

Basic Calendar

<04 | 2017/05 | 06>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



FC2アフィリエイト

FC2ブログジャンキー

京さん党宣言
「日本の夜明けは京都から!」京都在住・日本共産党・若手専従活動家のコバコバが、日本と京都の政治・経済について語る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住民税の増税がすごいことに、、、

SANY0131
注:この写真はイメージです(笑)
この写真がコバコバ本人の給与明細である
ことを保障するものではありません(笑、、えない、、orz)

 住民税

4,900円→13,400円

 2.7倍でした、、、orz

 手取り、20万ない若者から2.7倍の税金取るってどうよ!
 (しかし、32歳にもなって手取りが20万以下ってのもキツイ。好きな仕事だからこそガマンもするが、、、)

 

 

 

 

 

 やってられっか!
 (ノ`A´)ノ ⌒┫ ┻ ┣ ┳

 この恨みは参議院選挙で! 
        
 応援よろしく⇒


消えた年金、誰のせい?

 前回のエントリーは反応がいまいちだったなあと思いつつ、長文だったので読まれなかったのかな?とリトル反省。
 ということで、今回はアンケートなど実施して読みやすさ重視でw


緊急アンケート!


消えた年金、誰のせい?


 


 ちなみにこの3つの失策を行った当時の厚生労働大臣は誰か?というと、、、、 続きを読むとわかります。


続きを読む前に応援よろしく⇒


  これはあくまで、コバコバの個人的見解だけど、3番目の原簿を無くしちゃってもいいですよっていう指示を出したのが、僕的には一番罪が重いと思う。
 だって、取り返しがつかないんだもん。


 ちなみに、労働組合の力が強かった自治体では、いまだに廃棄処分されずに残っている例が多くて、おかげで記録が見つかり支給額の修正が認められるケースが多いのだそうな。


 逆にそういう自治体(年金の修正申告が認められた自治体)のことを「なぜ修正が一部の自治体に集中しているのか研究する必要がある」だとか「修正が多いのは労働組合が強くて、サボっていた・ミスが多かったからじゃないか」などとか言って攻撃しているおバカな国会議員がいたりして(自民・公明に多い、今でもテレビで言ってたりするかも)唖然とさせられた。


 「アーこの人何にも現場のこと知らないのね」
 ってなもんだ、もしそういう主張を見つけたら「これはひどい」タグをつけてブックマークしてやりましょう。


 さて、国の方針に従わずに、記録を残した自治体が今となってはホッと胸をなでおろしたりしているわけだが、、、「そもそも、あんたたちが入力ミスしなきゃ・・・」っていう国民の怒りの声は、素直に受け止めなきゃいかんですよ♪


 ということで、答えは?


1番・ 管直人(さきがけ) これは有名かな?


2番・ 小泉純一郎(自民) これも有名?


3番・ 坂口力(公明)


 でした。
 この3番目は知らなかった人も多いと思うけど(僕も今日知った)
 さすが「福祉破壊の党・公明党」ですねwww


[READ MORE...]

テーマ:年金 - ジャンル:政治・経済

【年金問題】「救済が必要」って言うけど、必要なのは「謝罪」と「賠償」やろう【消えた加入履歴】
参議院選挙勝利に向けいよいよ忙しくなってきて、いつのまにか前回の更新から2週間ほどご無沙汰してました(^^;

 先週の国会は、与党による悪法の強行に次ぐ強行と、野党の徹底抗戦によって連日真夜中までおよぶ国会での攻防、大臣の自殺があったり(あらためてご冥福をお祈りします)、藤原紀香が結婚式を挙げたりと、普段テレビを見ない生活を心がけているコバコバでも、さすがにテレビを見る機会が多かったです。
 みなさんどないでした?

 で、なんと言っても『消えた年金問題』が国民の最大関心事のようですが(そりゃそうだ、直接自分の老後に関わることだし)この問題をめぐって、マスコミも世論もかなり混乱しているように思うわけです。

 だいいち、預かった掛金が誰から預かったのかわからないなんて事態が起こっていたなんて、ほとんどの国民は想像しちゃいなかったわけで、もらえるはずの金額より少ない金額しか年金をもらっていない国民が相当数いるって事なんだから「いち早く救済しなくては」なんて事を言われると、たった4時間の審議で強行したことでさえも「さすが安倍さん、仕事が早いね♪」なんてノー天気に評価している人もいるかもしれない。

 しかし、ちょっと待ってほしい。

 そもそも、預けた掛金がちゃんと管理されていなかった問題であって、国民は過失ゼロなわけでしょ?

 例えば客が保険会社に掛金を払って、いざ保険金を受けとるときに「スイマセン、当社のミスで記録が残ってません」って事になったら、その保険会社は「謝罪」と「賠償」をしなくちゃいけないわけであって「救済」してあげましょう、なんて偉そうな事を言う資格は無い!よねえ?

 さらに「貴方の払った保険料と保険期間は○年○月~○年○月で間違いないですか?」という書類を発送して「もし漏れがあれば申請して下さい」という措置をとるようだが、これだって「貴方は、○年○月~○年○月の期間の記録が未払いとなっていますが、もしかしてその間●市に在住して国民年金に加入してませんでしたか?」とか「もしかして、結婚して名字が○△になって、3号被保険者の手続きをされたのではありませんか?」とか、丁寧に聞いてくるのがあたりまえの話だろう。
 民間の保険会社なら、その作業が済むまで、新規契約募集停止などの業務改善命令が出されてもおかしくないぐらいの話だ。

 今は、自民党と民主党が責任のなすりつけあいをしていて、まったくもってみっともないわけですが、ハッキリ言って、歴代の厚生労働大臣(自民党・公明党・民主党、残念ながら?共産党にはいません)全員そろって御免なさいって言わなきゃダメでしょう。

 それから、支払いがあった事を証明する責任は、国民ではなく社会保険庁にあるってことも言いたい。
 国民から「この期間はちゃんと保険料払ってました!」っていう申し出があったら社会保険庁は「証拠となる領収書などを提出しろ」なんていう偉そうなことを言う前に、社会保険庁が払われていなかったという証拠を見つけられない限り、申し出どおりに年金を支払うべきだろう。

 そういう点で、与党の「救済」法案はまったくもって、不十分・無責任・的外れとしか言いようがないし、「謝罪」を「賠償」が終了するまで、国としての責任でしっかり補償してもらうためにも、社会保険庁の民営化なんていう混乱に拍車を掛けるような法律は成立させるべきじゃない!


 応援よろしく⇒


テーマ:年金 - ジャンル:政治・経済

ヤングジョブスポット廃止問題続報

 当ブログの1月27日付エントリーで紹介したヤングジョブスポットの廃止問題で若干動きがありました。
 なんと!わが党のこくた恵二・衆議院議員が国会でこの問題をとりあげてくれましたYO! 拍手!

 いやはや、この問題を取上げたブログはイロイロ探してみたけどこのブログだけなんで、なんだか自分が国会議員を動かしたようなキ・ ブ・ン♪
 なんて、悦に入っております、ハイ。

ヤングジョブスポット「水準後退させるな」
衆院予算委分科会 穀田議員が追及
 日本共産党の穀田恵二衆院議員は二十八日の衆院予算委員会第五分科会で、「若者・自立支援事業」 として全国十四カ所に設けられた「ヤングジョブスポット」を二カ所に削減しようとしている問題をとりあげ、「充実させることこそ必要だ」 とのべました。
 柳沢伯夫厚生労働相は「発展した形で機能を引き継いでいく」と答えました。
 ヤングジョブスポットは、働きたいと思っていても職種を絞れないなど悩みを抱えた若者の交流や職業意識の啓発・相談をおこなっています。
 二〇〇三年度に始まりのべ四十二万人が利用。アンケートで83%が「行動が変容した」、41%が「就職につながった」 と評価されていますが、東京、大阪をのぞく十二カ所を廃止する方針です。
 高橋満職業安定局長は、県設置の「ジョブカフェ」が九十五カ所、「地域若者サポートステーション」が二十五カ所(来年度から五十カ所) あるなど、役割が他の事業に引き継がれているので削減すると説明しました。
 穀田氏は、利用者から寄せられた「無料でインターネットが使え、仲間と励ましあい、相談員さんと対話しながら、 実際の職探しにつなげていくかけがえのない居場所だった」 との声やジョブカフェと同じフロアにあって全国一利用されている神戸の実態を紹介し、「(三つの事業は) 就労に向かう段階に応じてすみ分けがおこなわれてきたのが実態だ」と指摘。「事業の水準を後退させてはならない。 スタッフの力を引き続き生かすなど、人的にも予算的にも充実して支えるべきだ」と求めました。
 厚労省自身の「事業評価」で「(この事業をしないと)中長期的に大きな損失を生じる」と高く評価していることを示し、 「就労支援に成功しているジョブスポットを充実し、さらに多様な手を打って、若者の雇用の拡大に結実させることこそ求められている」 と強調しました。

 いやー、こういう細かい問題でも遠慮せずに問題提起してみるもんです。
 とりあえず、僕がブログで書いていた「誰も問題にしないまま3月末を迎えちゃうんですかねぇ?・・・」 という事態を避けることには成功しました。

 それにしてもよくぞ取上げてくれたもんです。厚生労働省自身の事業評価書に目を付けるのもさすが。
 ちなみに実物はコチラ⇒厚生労働省 継続事業に関する事業評価書 フリーター等若年者のキャリア形成支援機能の強化 (PDF)

 一部を抜粋
 若年者の雇用情勢はいまだ厳しい状況にあり、このような状況が続くと、 若年者の能力蓄積や就業意欲向上が図られず、本人のキャリア形成上大きな問題があるとともに、雇用安定上の問題や将来的にも、 経済社会を担うべき人材不足、社会的コストの増加をもたらしかねないことから、 緊要に対応することが必要である。
・・・
 年々来所者数が増えていること及び来所者への行動変容に焦点を当てたアンケート調査の結果によれば、80%以上がより就職に結びつく方向に変化していることから、 効果があったものと考える。
 今後見込まれる効果として、若年者個人のキャリア形成の向上により、職業能力の開発・向上が促進され、その結果、 職業能力のミスマッチが解消されることによる、若年者の雇用の安定・拡大が図られる。それにより社会全体として、生産性や国際競争力の向上が期待される。
・・・
 ヤングジョブスポット設立以降、若年者全般を対象に、地域の実情に応じた幅広い就職支援メニューを提供しているジョブカフェなど、ヤングジョブスポットとは対象や機能が異なる若者就労支援機関が設立されてきているがヤングジョブスポットはこれまでもそうした機関と連携し相互補完により事業を実施してきたところである

 厚生労働省も高く評価してたわけだ・・・
 要するに、特殊法人改革の一環でどの事業でもイイから潰さなくちゃいけないって事で、 ヤングジョブスポットが目を付けられちゃったんだと思うけど、8月の事業評価でこれだけ持ち上げといて、 翌年の1月に無くしますよってのはあまりにあまり。
 マスコミ報道も結局この「しんぶん赤旗」を除けば、神戸新聞の1紙だけ。こんな理不尽な話は無いと思うのだが、まぁ大臣答弁で 「若者の就労支援対策は後退させない。」「発展した形で機能を引き継いでいく」とまで回答させたんだから、 これからはその約束がしっかり果たされるかどうかを点検するのが課題になるわけだ。
 1ラウンドでリングに上がれずに不戦敗という危険が、 議会でとりあげてもらったことで第2ラウンドでの闘いに移行することが出来たって感じですかね?

 ちなみに、京都民報でも3月4日付1面トップでとりあげられました。
 それから京都市議会でもわが党の赤阪市会議員がこの問題をとりあげた模様。

 厚生労働大臣も、京都市の担当者も「機能の継承」「水準を低下させない」と答弁しているわけで、まずは、 三年間経験をつんだヤングジョブスポットのスタッフの皆さんが、 継続事業などにその経験を引き続き生かせるように配慮がなされるかどうかを確認してやろう、それから、 利用者の皆さんからのご意見も引き続き受け付けたいと思います。

 もし、この点で後退が確認されたら再びこのブログを通じて実態を告発、 必要なら穀田さんにまた国会で取り上げてもらうように働きかけてみますYO!

 国会議員も動かしてしまう「京さん党宣言」に応援よろしく!w⇒


テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

泣ける「しんぶん赤旗」

 こういう記事を読むと、 ジーンと涙が出ちゃうんだよなあ・・・
 コバコバは通勤の電車の中で堂々としんぶん赤旗を開けて読む派なので、この前の土曜日がたまたま車で出勤の日で助かった。 満員電車で新聞読みながら涙流してる32才男子・しかも読んでいるのが「赤旗」 、、、さすがにヤバイでしょw

 ってことで、とりあえず全文引用!(赤旗インターネット版には残念ながらこの3面の記事は掲載されていない) これ読んで涙がでない党員は、自分の感受性をもう少し豊かにする努力をした方がいいとさえ思う。(おおげさかな?)

同僚・上司と普通に話せるのがうれしい

石播思想差別 勝利和解

東京・千々岩榮さん(59)


「春が来たみたいです」

 千々岩さんはしみじみと語ります。職場の雰囲気はここ数年で大きく変わっていました。ついに会社が「反省の意」を示しました。

 「昼めしを食いに行きましょうよ」。同僚の言葉に、千々岩さんは 「えっ」と驚きました。
 「おれと食べて、迷惑が及ばないのかな」ととまどいながら、社員食堂に行くと、同僚は二人分の席をとって「ここ、ここ」 と手招きします。一昔前には考えられませんでした。別の同僚も、食事に誘ってくれました。食べながら、よもやま話に花を咲かせました。
 「ごく当たり前のことなんですよね。その当たり前のことが、この石播では許されなかった」

 石播は日本共産党員や支持者を"企業破壊者"だといって、徹底的に差別してきました。インフォーマル(秘密労務)組織を通じて、 「口をきくな」「目を見るな」「香典を受け取るな」と仲間はずれにしました。

 千々岩さんは、高校を卒業し1965年に入社、開発部門で働いてきました。
 職場で日本共産党員と親しくなると、会社の上司に「かぶれているのか。手を切れ」と懇々と説得されました。 「共産党は要求を取り上げて頑張っているのに」と憤り、「こんな話には応じられない」と、 自らも労働組合の青年部協議会の役員に立候補し、労働条件を改善しようと訴えました。

 激しい差別にさらされます。研修を受けさせてもらえず、一つひとつが独学です。多数の特許を申請し、独創的なアイデアを出して、 携わった開発が機械学会で表彰されたこともありました。
 一昨年の愛知万博で高い評価を得た燃料電池の主要機器の開発にも貢献したと自負しています。
 しかし、社内での表彰に、千々岩さんだけはいつもはずされます。 同期入社の仲間が課長や課長代理に昇進しているいまも低い等級のままです。


子どもにまで

 千々岩さんが一番つらかったのは、同僚と仕事のこと以外の交流ができないことでした。仲間が飲みに行くときも誘われません。 20年ほど前の年末のこと。同僚全員が突然いなくなりました。別室で仕事納めの乾杯をしていたのです。一人しらふで門をでました。

 会社のレクリエーションに当時小学生だった息子を連れていきました。競技の後、 インフォーマル組織が弁当や飲み物を用意していましたが、千々岩さん親子にはありません。「なんで」という子どもに、「さあ、 街でおいしい物食べよう」と明るくふるまいました。
 「おれは間違ったことは何もやっていない。おれが頭を下げる必要はない」という思いが、千々岩さんを支えました。

 門前で党のビラを配布していて、手で払いのける労働者はごく数人。ビラを受け取らなくても多くがそっとうなずいていきます。 「たとえ口をきいてくれなくても、気持は通じる」。千々岩さんの労働者に寄せる信頼が変わることはありませんでした。
 差別されると分かっていても、会社の行事には出席しました。会社の運動会で、飲食物の出ない千々岩さんに、「おい食べろ」 と周りの目を気にしながら、そっと焼き鳥を差し出す労働者がいました。外に飲みにいくと目につくからと、夜、 誰もいない部屋で酒をくみかわす場を設けてくれた上司もいました。


7000人を首切り

 共産党員への差別は、自由にものが言えない職場をつくり出しました。
 1986年の七千人首切りをはじめ、無法がまかり通りました。上意下達の企業運営はやがて経営困難をもたらし、 橋りょう談合も摘発されました。
 石播は「自由に本音で話し合える職場」を掲げるようになりました。
 いまではビラを配っていても、はばかることなく受け取っていく若い労働者が多くなっています。

 「おれは、会社の顔色をみて立ち回るような生き方はしなかった。それで信頼してくれる人がいるのかな」千々岩さんは、 少し照れくさそうに語りました。
                       (赤旗記事ここまで)

 四の五の論評はしない。とにかく、これ読んで泣いとけ!

 思想差別ゆるすな!応援よろしくw⇒



ブログ内検索

 
Web koba3.blog81.fc2.com

RSSフィード

おすすめ商品!





コバコバお薦めの本


ダ・ヴィンチ・コード
キリスト教についてのウンチクがタップリ。

私の戦後六〇年 日本共産党議長の証言
平易で読みやすい、党外の人に読んでほしい。

県庁の星
映画化決定!
公務員攻撃に負けるな!
「生協の白石さん」
生協の白石さん
話題のブログ本、白石さんの誠実な回答姿勢がグッドです。
「約束」
「約束」
石田衣良の「泣かせる」短編集。ひたすら泣けます!僕は1行目を読んだだけでストーリーを思い出して泣けてしまいます。


電車男
電車男
いわずと知れた、超有名ラブストーリー。ドラマ始まりましたね、主役の伊藤淳史君が最高!


アキハバラ@DEEP
アキハバラ@DEEP
石田衣良さんが「IT革命」を書いたら、こんなにステキな人間ドラマになっちゃいました。



偽造証券
偽造証券
サスペンス仕立てな経済小説で、ストーリーも飽きさせず、経済の勉強にもなる。そして、お金ではなく人間が描かれているのが良い。


党綱領の理論上の突破点について
党綱領の理論上の突破点について
不破議長の著作は、これからどんどん紹介しますよ!

いまこの世界をどう見るか―アジア・アフリカ・ラテンアメリカ
いまこの世界をどう見るか―アジア・アフリカ・ラテンアメリカ
 4月9日におこなった表題の講演が、さっそく本になりました。読めば元気になる一冊です。


『資本論』全三部を読む〈第1冊〉代々木『資本論』ゼミナール・講義集
『資本論』全三部を読む〈第1冊〉代々木『資本論』ゼミナール・講義集
この本は7冊セットです。僕もまだ読み途中です(^-^;)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スカイプID kobakoba3

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。